ガイドブックを超える函館ガイド

| コメント(0) | トラックバック(0)


函館物語
辻仁成
集英社文庫
1996/09

作家辻仁成は、高校時代を含む4年間を函館で過ごした。住まいは護国神社坂のふもと付近だったようだ。

その辻が函館の町を彷徨う。その足跡は、フツーのガイドブックのお勧めコースとは全く異なる、辻流の独特なハコダテ。
毎朝、ホテルニュー函館からブラッと始まるハコダテの旅はガイドブックのてんこ盛りコースに食傷気味の旅人にも、いや地元民たるわれわれにも大いに刺激的。
発売後10年を経ても、まだ十分通用する。表面ではそれなりの変貌(しばしばマイナスの)をとげつつあるハコダテだが、その基底部分は存外しっかり残っていることもわかる。
何かガイドブックをと推薦を求められたときに迷わず教えてあげたくなる本。







トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hakodate150plus.com/mtos/mt-tb.cgi/48

コメントする

最新記事の写真