2008年11月アーカイブ

維新の港の英人たち

ヒュー・コータッツィ著  中須賀哲朗訳

中央公論社

1988年


日本駐在英国大使を務めた著者は優れた日本研究家でもあり、著書も多い。そのコータッツィ氏による本書は題名が示すように、維新期の開港都市を中心に、当時日本を訪れた軍人、外交官、商人、旅行家などの残した記録を自在に駆使して、当時の港町の実相を描き出している。

1