雲のむこう、約束の場所 DVD

| コメント(0) | トラックバック(0)

DVD

雲のむこう、約束の場所

新海誠(監督)

コミックスウェイブ  2005/2

単行本

新海誠 加納新太

エンターブレイン  2005/12


今回は本ではなく、DVDの紹介です。

 

 

ある友人の紹介で初めて新海誠のDVD作品を観ました。このDVDに登場する函館(正確には津軽半島側からみた北海道なので、渡島半島といったほうがいいかも)は、主人公の3人の中学生にとって、「雲の向こう」の「約束の場所」なのです。

 

あらすじ(公式サイトからの抜粋)

 

日 本が津軽海峡で南北に分断されたという設定。米軍占領下の「南日本」の津軽半島の田舎の中学に通う2人の少年と少女の物語。3人は毎日海峡の向こ うの「別の国」にそびえたつ謎の巨大な「塔」にあこがれていました。彼らは自分たちが作る小型飛行機でいつかあの「塔」まで飛ぼうと決意します。そして、 ついに飛び立つ彼らの行く手には・・・

北海道は彼ら3人の固い「約束」の、そして「雲のむこう」の場所として描かれています。函館がそれとしてしっかり登場するわけではないのですが、このストーリーの重要な要素として常に後景に存在しているように感じます。

 

なによりも、描画の丁寧さと雰囲気がすばらしい。普通のアニメには見られない独特でしっとりした情感が漂っています。景色や建物、鉄道の線路、いずれもが戦後の一時期を彷彿させる、懐かしさを呼び起こします。音楽も素晴らしい。

オトナでも十分楽しめる作品です。(レンタルショップTsutaya,Geoにもあります)







トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hakodate150plus.com/mtos/mt-tb.cgi/30

コメントする

最新記事の写真