【本】「篠田真由美が函館を舞台に「ホラー小説」

| コメント(2) | トラックバック(0)

10225 011.jpg

閉ざされて

篠田真由美

角川書店

2010/1/30

わたしはいつか市電路線の終点に近づいている。大町から弁天町、函館のもっとも古い部分だ。通り沿いには、一階はは格子戸を立てた古風な商家で、二階は下見板張りペンキ塗りの壁に上げ下げ窓を並べた、和洋折衷の建物が目につく。・・・・このあたりでは昼間もシャッターを立てきられ、あるいは窓も釘付けにされて無人のまま放置されている。まだ夜の七時にもなっていないのに開いている店もなく、明りの点る家もまばら・・・・・。ここまで来ると、古い函館がゆっくりと枯死しかけていることがはっきりわかる。けれど私はそんな、死にゆく街が嫌いではない。(本文から引用)

 

函館・入船町の山麓に市の火葬場がある。そのさらに奥に建てられた豪邸「雪華荘」を舞台に繰り広げられる怖いお話だ。かつては栄華を誇ったがいまは病身の父親、その継母、そして先妻の2人の子供(そのうちの"妹"が語り手という設定、いわばシンデレラ状態)と継母の連れ子の娘2人の間に起こる遺産をめぐる葛藤が主題。不気味な邸では驚愕の結末が待ち受ける。

著者は約1週間の函館滞在でこのホラー小説の着想を得たという。上記の「雪華荘」はもちろん実在しないものの、リアリティは十分。市内のあちこちの描写は非常によく書き込まれていて飽きさせない。函館山、立待岬、西部の町並み、入舟町の漁港などの描写に著者の観察の細やかさが垣間見える。








トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hakodate150plus.com/mtos/mt-tb.cgi/629

コメント(2)

先日函館に旅行にきて、カフェ・マウンテン・ブックスさんで、このサイトと、拙著をご紹介いただいていることを教えていただきました。函館は大変好きな街ですが、この小説は内容がなんとも不景気な、およそ町おこしには役に立ちそうもないものですから、住人の方には不愉快に思われるのではないかとびくびくしておりました。好意的なおことばに、ほっと胸をなで下ろしております。
日本の中の和洋折衷、エキゾチシズムに惹かれるものですから、横浜や長崎といった「開港の都市」は以前から強い関心の対象でしたが、函館はその中でも特に魅力を感じています。どこがというとこれまた申し訳ないながら、元町以西のどこか異次元のような静かさに包まれた町並みが特に、です。函館山の軍事遺跡なども、謎めいた雰囲気で子供のように胸が弾みます。また機会があれば、ぜひ作品に生かしたいと思っております。そのときはご笑覧いただければ幸いです。

コメントする

最新記事の写真