2012年1月アーカイブ

ピアニスト畑中一映氏が、1月12日東京にて開催されました、ショパン国際ピアノコンクールin ASIA アジア大会アマチュアソロB部門において、優勝しました。
kazuteru.jpg
畑中一映氏は、北海道大学医学部及び同大学院修了。現在は市立函館病院消化器内科主任医長ですが、ピアノを遠藤道子氏などに師事し、学生時代より多数のコンクールで同代表・全国大会入賞などを果たし、ピアニストとしても定評があります。近年は本業の傍ら、音楽家集団クレアシオン代表を務め、クレアシオンや函館音楽協会において活発な演奏活動を行っています。その演奏は、国際レベルの技術水準を有し、明晰な楽曲分析に基づいた豊かな感情表現をバランス良く配した高水準のものです。

今般、開催されました第13回ショパン国際ピアノコンクールin ASIAは、ショパン国際ピアノコンクール in ASIA組織委員会が主催する大規模なピアノコンクールで、優美かつ華麗なショパンの音楽を通じて国際レベルのすぐれた演奏家を発掘・育成することを目的としています。

畑中一映氏は、全国37地区で行われた地区大会のうち2011年11月3日に青森アウガAV多機能ホールにおいて開催された青森地区大会で特別金賞を受賞、2012年1月6日に横浜みなとみらい小ホールで開催された全国大会で金賞・代表となってアジア大会に進み、2012年1月12日に東京昭和音楽大学 ラ・サーラ・スカラで開催されましたアジア大会において、アマチュアソロB部門でただ一人金賞を得て、アマチュアB部門優勝となりました。

このコンクールでは、プロフェッショナル部門、小学生部門、中学生部門、高校生部門、大学生部門、一般部門、コンチェルト部門の他に、現在ピアノを専門としている学生、ピアノ科を卒業した方を除く、ピアノ愛好者を対象とするアマチュア部門があります。アマチュア部門の中にはソロA部門とB部門があり、A部門は10分程度ショパンの独奏曲、B部門は20分程度の自由曲に対して審査するものです。ショパン国際ピアノコンクール審査委員長や審査員経験者を含む国際的なピアニストが審査員となっています。

なお、畑中一映氏は平成22年度函館音楽協会奨励賞、同氏が代表をつとめるクレアシオンは、平成23年度函館音楽奨励賞を受賞しています。

函館の音楽文化水準の高さを表す出来事として、速報いたします。


この記事では、2012年1月9日に行われた函館市成人祭にて当サイトスタッフが撮影した新成人の皆さんのスナップ写真を掲載いたします。

◆注意事項等

 ・写真の著作権と使用許諾権はハコダテ150プラスに属します。

 ・写真は写っているご本人様の利用のために掲載しています。写真はクリックで拡大されますので、ご自分の写真をダウンロードしてご利用ください。

 ・営利・非営利を問わず、第3者による他サイトやブログ・SNS等への転載や他媒体への転用は許諾していません。故意に商用利用した場合や誹謗中傷を目的として利用した場合など特に悪質と認められる場合には法的措置を講じる場合があります。

 

120109kt05.jpg

120109kt82.jpg

120109kt83.jpg

120109kt84.jpg

120109kt85.jpg

120109kt86.jpg

120109kt87.jpg

120109kt88.jpg

120109kt89.jpg

120109kt90.jpg

120109kt91.jpg

120109kt92.jpg

120109kt93.jpg

120109kt94.jpg

120109kt95.jpg

120109kt96.jpg

120109kt97.jpg

120109kt98.jpg

120109kt99.jpg

120109kt100.jpg

撮影にご協力くださった新成人の皆さま、ありがとうございました。

1