ピアニスト畑中一映氏がショパン国際ピアノコンクールin ASIAにて優勝

ピアニスト畑中一映氏が、1月12日東京にて開催されました、ショパン国際ピアノコンクールin ASIA アジア大会アマチュアソロB部門において、優勝しました。
kazuteru.jpg
畑中一映氏は、北海道大学医学部及び同大学院修了。現在は市立函館病院消化器内科主任医長ですが、ピアノを遠藤道子氏などに師事し、学生時代より多数のコンクールで同代表・全国大会入賞などを果たし、ピアニストとしても定評があります。近年は本業の傍ら、音楽家集団クレアシオン代表を務め、クレアシオンや函館音楽協会において活発な演奏活動を行っています。その演奏は、国際レベルの技術水準を有し、明晰な楽曲分析に基づいた豊かな感情表現をバランス良く配した高水準のものです。

今般、開催されました第13回ショパン国際ピアノコンクールin ASIAは、ショパン国際ピアノコンクール in ASIA組織委員会が主催する大規模なピアノコンクールで、優美かつ華麗なショパンの音楽を通じて国際レベルのすぐれた演奏家を発掘・育成することを目的としています。

畑中一映氏は、全国37地区で行われた地区大会のうち2011年11月3日に青森アウガAV多機能ホールにおいて開催された青森地区大会で特別金賞を受賞、2012年1月6日に横浜みなとみらい小ホールで開催された全国大会で金賞・代表となってアジア大会に進み、2012年1月12日に東京昭和音楽大学 ラ・サーラ・スカラで開催されましたアジア大会において、アマチュアソロB部門でただ一人金賞を得て、アマチュアB部門優勝となりました。

このコンクールでは、プロフェッショナル部門、小学生部門、中学生部門、高校生部門、大学生部門、一般部門、コンチェルト部門の他に、現在ピアノを専門としている学生、ピアノ科を卒業した方を除く、ピアノ愛好者を対象とするアマチュア部門があります。アマチュア部門の中にはソロA部門とB部門があり、A部門は10分程度ショパンの独奏曲、B部門は20分程度の自由曲に対して審査するものです。ショパン国際ピアノコンクール審査委員長や審査員経験者を含む国際的なピアニストが審査員となっています。

なお、畑中一映氏は平成22年度函館音楽協会奨励賞、同氏が代表をつとめるクレアシオンは、平成23年度函館音楽奨励賞を受賞しています。

函館の音楽文化水準の高さを表す出来事として、速報いたします。


畑中一映(ピアノ)略歴

ピアノを本間郁子、萬田真一、布施谷信子、遠藤道子隠しに師事。ヤン・エキエル、カジミュエシュ・ギェルジュールド氏らのレッスンを受講。学生時代より多数のコンクールで道代表・全国大会入賞。第60回日演連推薦新人演奏会にて札幌交響楽団と共演。ソロ・デュオリサイタル開催の他、北海道交響楽団、帯広交響楽団と協奏曲共演。アンサンブル・ネージュを結成し道内各地・イタリア・スロヴァキアにて演奏会開催。2010年ショパン国際ピアノコンクールワルシャワ研修ツアー(PTNA)参加。クレアシオン代表。日本ショパン協会北海道支部函館地区委員。公民館マチネ運営委員。函館鍵盤楽器研究会会員。みなとまち室内合奏団ピアニスト。ローザリアン代表として演奏会企画等も行う。函館中部高校卒。北海道大学医学部及び同大学院、国立がんセンター研究所分子腫瘍学部リサーチレジデント修了、博士(医学)。北海道医学会賞受賞。市立函館病院消化器内科主任医長。

ショパン国際ピアノコンクールin ASIA http://www.chopin-asia.com/
クレアシオン http://creation.seesaa.net/






トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hakodate150plus.com/mtos/mt-tb.cgi/3431

コメント(1)

函病の消化器内科でお見かけしましたよ。
ピアノの腕に内視鏡の腕もショパン

コメントする

最新記事の写真