初三郎の北海道の鳥瞰図の集大成なんと100点を一挙に

| コメント(0) | トラックバック(0)

北海道の鳥瞰図

弥永芳子

ナカニシヤ出版

著者弥永芳子さんには2度お会いした。確か93歳と伺ったが、年齢を忘れさせるような明瞭でエネルギッシュな声音で、ご自分が館長を勤める博物館の紹介から精力的な講演活動などを次々にお話になる。話題は最近弥永さん自身が発行した本「北海道の鳥瞰図」に及ぶ。その本は、弥永博物館が収蔵する300枚の古地図から、「大正の広重」=吉田初三郎の鳥瞰図を中心に100枚を納めたものだそうだ。

弥永さんのこの本の中にも、Hakodate150Shopでも扱っている「函館古地図カレンダー」と全くおなじ図(松浦武四郎作の千島一覧)があり、その本の発行から日も浅いときに当方から同じ図柄を大版で複製したカレンダーが届いた「偶然」に驚きかつ嬉しかったという。ちなみに弥永博物館は「古銭と砂金」専門だが永年の収集活動の中で「自然に」古地図も「集まって」しまったという。

さて「北海道の鳥瞰図」は、北海道内(+樺太)だけで103市町村を網羅している。大半は印刷物として発行された横長の折図。
残念ながら本の複製図は元の画像の印刷品質を反映してやや不鮮明で、地名などの読み取りはほぼ無理。函館の鳥瞰図ももちろん掲載、そのほかにも函館を含む渡島半島を題材にした鳥瞰図が4枚(渡島支庁、湯の川、上磯、七飯)が収録されている。いずれも初めて見る図。
大正・昭和初期の北海道各地の姿が眼前に彷彿。貴重な歴史資料でもある。







トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hakodate150plus.com/mtos/mt-tb.cgi/3739

コメントする

最新記事の写真