函館学のブックレットが書店でも

| コメント(0) | トラックバック(0)
函館の8つの教育機関の連携(キャンパスコンソーシアム)で実施されている「函館学」の講座。
毎年の講義録がブックレットとして発行されていたが、従来は非売品で入手はちょっと難しかった。
それが今年からは市内の主な書店で購入できるようになった。現在頒布中は2011年の講義からの
6冊。函館を多彩な切り口で語り下ろした新鮮な読みものだ。
各回の講義は約1時間半、ブックレットはA5版40~70ページ

●問い合せ:キャンパスコンソーシアム函館
 電話 0138-44-4211, Mail  info@cc-hakodate.jp   URL  http://www.cc-hakodate.jp

●テーマ
・聖ニコライ来函150周年-幕末・箱館にもたらされたもの-
 山崎 瞳/函館ハリストス正教会
・消費者市民社会・函館-環境や社会にやさしい買い物-
 大橋 美幸/函館大学 准教授
・イカ釣りの歴史と展望-水産業を支える機械技術と情報技術-
 浜出 雄一/(株)東和電機製作所代表取締役社長
 和田雅昭/公立はこだて未来大学 准教授
・函館時代の久生十蘭-新資料紹介を中心に-
 小林 真二/北海道教育大学函館校 准教授
・箱館の音-歴史を彩った箱館の音色さまざま-
 佐々木 茂/函館短期大学 教授
・道南の自然史-とっておきのカニや貝の話-
 五嶋 聖治/北海道大学大学院水産科学研究院 教授

●販売個所
CafeDripDrop(まちせん) 
五稜郭タワー売店 
栄好堂美原店 
カフェまるせん(温泉旅館まるせん)

●販価 各冊400円 (全6冊セット価格 2,000円)

IMG_1974.jpg







トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hakodate150plus.com/mtos/mt-tb.cgi/5608

コメントする

最新記事の写真