ヒトの情報の最近のブログ記事

描き手の温かな眼差しが伝わってくるような人物画の数々。

描かれている人はどれも意志と希望に満ちあふれた表情をしているように見える。

作品を手掛けたのは、函館市郊外に住む画家・月村朝子さん。函館に住んで間もなく

1年になる月村さんに、これまでの活動と今後の抱負を聞いた。

120629ktt03.jpg  

1歳にもならない頃からクレヨンを手に何時間も1人で絵を描いていたという月村さん。

絵を続けたいとの思いは成長してもやまず、中学時代に「美術大学に行けば

絵をずっと描いていられる」との情報を耳にしてからは、美術書などを読んで技法を習得。

念願の美術大学に進んだ。

 

プロの画家になるのは簡単なことではないと分かっていたため、

卒業後は働いて得たお金を画材につぎ込み、絵を描き続けてきた。

27歳の時、漫画家のアシスタントとして働いていた経験を活かして描いた漫画が、

権威ある漫画新人賞「ちばてつや賞」で青年部門に入選。

以来、出版社に漫画の持ち込みや投稿を行う漫画家としても活動。

依頼されてイラストや漫画を描くことも増えていった。

 

昨年3月の東日本大震災を機に、生まれ育った横浜での1人暮らしをやめ、

すでに退職して地元の函館に帰っていた両親のもとで暮らすことにした。

「函館に住む前から函館が好きで、函館を題材にした絵を描いていました。

実際に住んでみて都会とは違う光の豊富さや空の広さを感じているので、

これから描く作品は以前とは変わっていくのかなと思っています」

120629ktt02.jpg  撮影/琴絵

人物画を多く手掛けるようになったのは20代後半から。

題材になっているのは自分の好きな人たちなのだという。

「世の中でいろいろな人がそれぞれの生き方をしているのを見ると感動を覚えます。

その時のうれしさやその人へのあこがれなどの感情を最も表現できるものが

自分にとっては絵なんです」。

完成した作品には対象者への自分の思いが詰まっているため、いくらお金を積まれても

売れないものが多いのだとか。

 

「この土地に腰を据えて活動していきたいので、じっくりと時間を掛けて函館を題材にした

絵画作品を描こうと構想を練っているところです」。 

漫画家としては昨年、漫画雑誌の主催する新人賞コンテストにて奨励賞を受賞。

現在、誌面に掲載するための作品づくりに取り組んでおり、画家と漫画家それぞれの活動に

新たな展開が期待される一年になりそうだ。

「モデルを引き受けてくれる人がいて、出来上がった絵を見て喜んでくれる人がいる。

せっかくそんな状況に恵まれているのだから、がんばれるだけがんばろうと思っています。

こうして絵を描いていられることがありがたいです!」

 

月村朝子 つきむら あさこ

7月6日生まれ
出身地 神奈川県横浜市
出身校 武蔵野美術大学
趣味 一人旅
好きな言葉 陰あるところに光あり
大切にしていること 寝ることと食べること 

※道南読売会函館支部発行の読売新聞折込のミニコミ紙「エガオのハコ」2012年3月号用に筆者(佐々木康弘)が執筆したものを許可を得て転載しています。 

音楽とファッションをテーマに、若者たちによって開催されている大規模な

野外イベント「HAKODATE 黒船」。4年目を迎える今年は7月7日に緑の島で開催され、

新しい企画も幾つか追加して家族で楽しめるイベントを目指すという。

主催団体である函館黒船地域活性化協議会で事務局長として実務に当たる

尾山朋幸さんに、黒船の成り立ちや今年の新企画などについて聞いた。

 

120625kto.jpg 撮影/さえる

 

「黒船の中心メンバーのほとんどは、函館がつまらないと感じて一度函館を離れた

若者なんですよ」と尾山さん。「だけど離れてみるとやっぱり函館が好きだという思いに

気付いて」。そんな思いを持つ20代前半の若者たちが集結し、若者のために若者らしく

函館を盛り上げようとクラブイベントを立ち上げたのが約10年前のこと。

 

この時のメンバーが中心となり、2009年の開港150周年記念事業に際して

「黒船実行委員会」を設立。緑の島において音楽とファッションショーをメインとした

「黒船2009」を開催し、10代から20代の若者を中心に1500人を動員して大成功を収めた。

その後、組織を協議会へと衣替えし、年々規模を拡大させながらイベントを継続している。

 

黒船のメンバーは20代から30代前半の若者たちだが、イベントは当初から本物志向だ。

本格的な屋外ライブ用ステージを設営し、雑誌やテレビに登場している著名なモデルや

アーティストを招く。その理由は、イベントを通して若者に少しでも可能性を感じて

もらいたいからだ。

 

「できるはずないとか、どうせ函館でやっても......と言われるのはわかっていたが、

だからこそ仲間が集まればできるんだということを伝えたい。モデルやミュージシャンを

目指す人にも、そのきっかけをつかんで欲しい。いろんな刺激や気付き、普段味わえない

体験などを味わってもらって、函館や道南全体が元気になってもらえたらうれしいですね」。

 

若者に元気や勇気を与えたいと始めた黒船だが、年々客層が広がりつつあり、

幼児を連れた家族や年配者の姿も見られるという。そこで今年は、音楽とファッションに

加えて「食」を大きなテーマのひとつに据え、道南の食材を生かした食べ物を販売して

来場者に楽しんでもらう。また、大門キッズスタジアムの協力により遊具を会場に設置、

子ども向けのコーナーを充実させる考えだ。

 

「若者だけのイベントにするのではなく、家族連れや幅広い年代で楽しめるお祭りに

したい。ほかにもまだまだ楽しい催しを企画中です。ぜひ新しい黒船を見に来てください!」

函館の今年の七夕は、いつもの年とはひと味もふた味も違うものになりそうだ。

 

なお、HAKODATE 黒船2012は現在前売チケット(大人4,800円)を販売中。

購入方法など詳しくはHAKODATE 黒船2012公式サイトにて。

 

尾山朋幸 おやま ともゆき
3月7日生まれ
出身地 函館市
出身校 函館大学付属有斗高等学校
趣味 体を動かすこと
好きな言葉 やればできる!願いは叶う!
大切にしていること 人脈

※道南読売会函館支部発行の読売新聞折込のミニコミ紙「エガオのハコ」2012年6月号用に筆者(佐々木康弘)が執筆したものを許可を得て転載しています。

120625kt01.jpg 

この記事では、2012年1月9日に行われた函館市成人祭にて当サイトスタッフが撮影した新成人の皆さんのスナップ写真を掲載いたします。

◆注意事項等

 ・写真の著作権と使用許諾権はハコダテ150プラスに属します。

 ・写真は写っているご本人様の利用のために掲載しています。写真はクリックで拡大されますので、ご自分の写真をダウンロードしてご利用ください。

 ・営利・非営利を問わず、第3者による他サイトやブログ・SNS等への転載や他媒体への転用は許諾していません。故意に商用利用した場合や誹謗中傷を目的として利用した場合など特に悪質と認められる場合には法的措置を講じる場合があります。

 

120109kt05.jpg

120109kt82.jpg

120109kt83.jpg

120109kt84.jpg

120109kt85.jpg

120109kt86.jpg

120109kt87.jpg

120109kt88.jpg

120109kt89.jpg

120109kt90.jpg

120109kt91.jpg

120109kt92.jpg

120109kt93.jpg

120109kt94.jpg

120109kt95.jpg

120109kt96.jpg

120109kt97.jpg

120109kt98.jpg

120109kt99.jpg

120109kt100.jpg

撮影にご協力くださった新成人の皆さま、ありがとうございました。

111108kt01.jpg2010年10月、函館の繁華街・五稜郭地区の

外れにオープンした飲食店「haru-na-tei

(はるなてい)」。電車通りに面した小さな

店だが開店以来主に口コミで人気となり、

主婦層からサラリーマン、若者まで幅広い

層が日夜集い、会話に花を咲かせる。

 

そんな光景をカウンターからニコニコと

見守りながら厨房に立つのが店主の

上村春奈さんだ。「何の店?と聞かれるのが

一番困ります(笑)。よろず屋かな?」と本人が

明かす通り、メニューはコーヒーからカクテル、

おつまみから定食まで幅広い。仕入れから

接客、調理、経営まで店のすべてを1人で

取り仕切っている。

手に取った女性たちから「えっ、かわいいー」と声が上がるカラフルな器の数々。

陶芸用クレヨンで描いた大胆な線と、絵の具と釉薬で色付けしたそれは、

まるでパッチワークのよう。函館市内で陶芸工房「スタジオクレイノート」を主宰する

石川久美子さんの作品だ。

111102kt01.jpg一度目にしたら忘れられない特徴的な

作風は、「ほかの作家さんが作って

いないものを作りたい」と試行錯誤して

たどり着いた。

花やしずくのモチーフと日本の古典的な

柄との組み合わせを多用しており、

北欧のデザインや和柄を見て研究して

いる。購入した客からは「見ていると

明るくなる」「元気になる」と好評だ。 

 

IMG_0332.JPG

夢に向かって自分が決めた道を歩む者がいる。その道が、既に誰かが道標を作ってくれた道ならば、極めればいい。しかし、どこにも人の足跡のない道を歩もうとしたら、壮絶な自分との闘いが始まる。

日本で唯一人、世界でも6名程度しかいないと言われている、手回しパイプオルガン製作者が函館にいる。小高い坂の上にアトリエと住居を構える、谷目 基さんだ。

 

函館市若松町に店を構える宮田商店の店主・宮田一人さんは

自身の店を「晴れ物屋」と称する。しめ飾り・雛人形・五月人形・

花火・祭り用品といったハレの日の用品の専門店だからだ。

 

miyatak01.jpg年明けからひな祭りまでの期間は華やかな
雛飾りが店内にずらりと並び、ひと足早い春の
雰囲気が漂う。

展示点数の多さではデパートや量販店に
対抗できない分、東京や札幌で行われる
展示会に自ら足を運び、少量生産でカタログに
載らないユニークな商品を仕入れるようにしている。

今年は衣装にスパンコールやスワロフスキー
社製のクリスタルガラスをあしらった雛人形
などを仕入れて店頭に並べた。

「うちは量より質、質より個性で勝負したい。
雛人形のイメージを良い意味で覆すような
商品を取り揃えていきたい」。

展示会ではメーカーが並べたセットをそのまま
仕入れるのではなく、台・屏風・お飾りなど
自らの目で最も良いと思う組み合わせにして
仕入れているため、「店内に並べている中に
は日本で一台しかないセットもあります」。

 札幌で自動車関係の仕事に就いていたが父の入院を機に函館に戻り「何もわからなかったがとりあえず店を開けた」。

店のことは病床の父と長年の取引先が教えてくれた。

その後父は無事退院し店に復帰したが、半年後に交通事故で他界。

これから父と共に働きつつ跡継ぎとしての修行を積んでいこうと考えていた宮田さんに、

突然の悲しみと共に明治28年創業の老舗の5代目としての全責任がのしかかった。

 miyatak02.jpg

 ◆衣装にスワロフスキー社製のクリスタルガラスをふんだんにあしらった雛人形。
      宮田さんが展示会で直接仕入れてきた商品のひとつ。

 

 「老舗の暖簾を掲げておきながら、お客様に商品について尋ねられた時に

『わかりません』では済まない。この飾りには、このしきたりにはそれぞれ

どんな意味があるのかなど必死に調べたり母に教わったりした」。

 

跡を継いでから「伝統文化を守る仕事だね」と人に言われるようになり、

あらためて自らの仕事の意義について考えるようになった。

この店がなくなることは、伝統文化を伝える場所や機会が函館からひとつ消えるということ。

女の子が産まれたからただ雛人形を買ってもらうのでなく、雛人形を買うことには

どんな意味があるのかを伝えていくことが自らの役割ではないか――。

 

そう思い至ってからは日本の伝統的風習に込められた真の意味や

先人の思いについて折をとらえて人に話すように努めている。

 

跡を継いでから3年経った今、異業種の勉強会や街のイベントなどに

積極的に参加するように努めている。

「何もしなければ街はつまらないが、自ら情報を求めて様々なことに参加し、

時には主催者側になってみると断然楽しい。

自分が楽しみながらできることをこつこつやっていきたいですね」。

 

宮田一人 みやた かずと
3月30日生まれ
出身地 函館市
好きな言葉 商いは飽きない(亡父の教え)
大切にしているもの 人の意見に左右されない自分自身の軸

宮田商店 函館市若松町30-20(シャロームイン2 隣)


View Larger Map

 

電話 0138-26-1000
営業時間 9:00~18:00
定休日 5月5日から10月一杯は土日祝。11月から翌年5月4日までは無休。  

※道南読売会函館支部発行の読売新聞折込のミニコミ紙「エガオのハコ」2011年3月号用に私(佐々木康弘)が執筆したものを許可を得て転載しています。

撮影/琴絵

000035.JPG

函館では珍しいハンドメイドのキャンドルを作り続け、私たちに心温まる灯りを見せてくれている女性がいる。彼女の作ったキャンドルは、知らずのうちに函館の素敵な夜を飾るものとなり、ラグジュアリーな空間を演出してくれていたのです。

函館市桔梗の「SWEET AMULET」は、動物や花束など様々な形状のクッキーを

粉糖と卵白で作ったアイシングで飾り付けたデコレーションクッキーを扱う店。

 

オリジナルの形状やデコレーションを注文することも可能で、

祝い事や誕生日のプレゼントなどに人気だ。

店主として製造から販売まですべてをひとりで切り盛りする平田敬子(きょうこ)さんに

菓子づくりと店にかける思いを聞いた。

 

05kiri110303sws.jpg 

IMGP4418shodou.jpg

書と音楽のコラボ、書と写真のコラボ、書と陶器とのコラボなど、書道という枠組にとどまらずに、自らの感性と発想で自由に書を表現している、書家の長谷川青穂(せいすい)さん。その活躍には目をみはるものがあります。

その長谷川さんに、書というものに対する自らの考えを訊いてみました。

1  2  3 |

最新記事の写真