2010年5月アーカイブ

函館市では、平成23年度に使用する公式観光ポスターの原画を広く公募しています。

 

s-P1510195.jpg

今年度のポスターも含め、これまでに採用された原画は

写真をほぼそのままの形で使用したものがほとんどでしたが、

中にはデザイン的な原画が採用された年もあります。

 

応募できるのは、「日本国内に事務所を有する団体または日本国内に居住する個人」。

仕様書を満たすことができれば個人の写真でも応募することができますので、

興味のある方はご検討を。

締め切りは8月20日となっています。

 

応募要項について詳しくは函館市観光コンベンション部のお知らせをご覧ください。

「ごみゼロの日」の5月30日、函館で初めての「ゴミ拾い競技大会」が

大森浜にて開催されました!

DSC_0131.jpg

函館市青年センターがアースデイ函館実行委員会との共催で実施したもので、

時間内に集めたゴミの量と種類を独自のポイントに換算してその合計点を競うという

オリジナルゲーム。

 

P1000412.jpg

透き通るような青空と輝く波とまぶしい砂浜に囲まれ、

高校生と大学生など22人(+スタッフ10人)がゴミを根こそぎ拾い集めました!

 

DSC_0158.jpg

優勝チームには1万円分の金券が贈られるとあって、みんなかなり真剣。

・・・と思ったら案外のんびりしているチームもあったりで、

各チームそれぞれのペースで清掃活動を行っていた模様。

 

さて、この日の正味40分間のゴミ拾いでみんなが集めたゴミの総重量は・・・

なんと108kg。

 

ゴミ拾いを競技にするという今回の企画の本当の目的は、

「これまで参加したことがないような若い世代にもゴミ拾いをしてもらう」こと。

そのために、ボランティア精神だけでなく「楽しさ」と「お得感」が

参加者にとっての動機付けになるようにと考案されたものです。

 

実際の参加者からは「楽しかった」「こんなにゴミが多いと思わなかった」

との感想が多く寄せられ、楽しくゴミを拾いながら環境意識の向上につながったことが

うかがえました。

 

3方を海に囲まれているまちに住む市民として、キレイな海を保つために

もっともっと自らの意識を高めていかなければと感じさせられたイベントでした。

 

青年センター活動日記の記事もご覧ください。

 

10-IMGP2914.jpg

来月6月10日は路面電車の日ということで、路面電車にまつわるイベントが開かれます。


・第4回函館路面電車まつり(6/5~6/10)
http://www.hakomachi.com/diary/2010/05/4-1.html
会場:函館市地域交流まちづくりセンター
主催:チンチン電車を走らせよう会、函館市電の熟練工の技を伝える会
会期中は市電沿線および全国路面電車パネル展を行う他、5日と6日(日)は、鉄道むすめ「松風かれん」がデザインされた一日乗車券の販売及び市電運転シュミレーターの体験、電車のペーパークラフト製作が出来るとのこと。
お問い合せ先:函館市地域交流まちづくりセンター(0138-22-9700) toiawase@hakomachi.com

 

サイエンス・サポート函館では、今年8月に実施される「はこだて国際科学祭」の

プログラムを考えるワークショップの参加者(一般市民)を募集しています。

 

題材は、本町・五稜郭地区科学に関するクイズラリーを作ってみようというもの。

青年センターをスタート地点として実際にまちを歩きながら実施されるワークショップで、

実施日は6月12日(日)となっています。

 

100527.jpg

ワークショップ─みんなでつくる、はこだて国際科学祭のプログラム2

 

日時:2010年6月12日(土)13:30-17:30

集合解散・ワークショップ:函館市青年センター

まち歩き:五稜郭地区(本町周辺)

参加費:無料

持ち物:筆記用具、カメラ付携帯電話またはデジタルカメラ (お持ちの方のみ)

講師:田柳恵美子(公立はこだて未来大学特任教授)
    渡辺保史(北海道大学科学技術コミュニケーター養成プログラム客員准教授)

主催:サイエンス・サポート函館

共催:函館市青年センター

 

お申し込み・お問い合わせは・・・

6月10日(木)正午までに電子メール、お問い合わせフォーム、または電話にて。
保険加入のため、申し込みの際は氏名、性別、年齢をお知らせください。
公立はこだて未来大学内サイエンス・サポート函館事務局 (担当:金森)

kanamori*fun.ac.jp
(*を@に替えてください。)
電話:0138-34-6527(平日9:00-17:30)

公式情報も必ずご確認ください。

FH000004.JPG6月1日より一般公開される元町の歴史的建造物・旧相馬邸の公開前プレス向け特別内覧に行ってまいりました。

 

10-IMGP3062.jpg北海道指定有形文化財である旧函館博物館1号が、現在市立函館博物館で開催中の特別企画展「いきもの事始め」(7月11日まで開催)に合せ、1日限りとはいえ18年ぶりに一般公開されました。

函館市中野町にある函館酪農公社隣接地の菜の花が今年も元気に咲きました。

函館開港150周年の折には開港150周年仕様のラッピングが施された函館市交通局ご自慢のらっくる号ですが、来る6月10日は路面電車の日ということで鉄道むすめのキャラクターである「松風かれん」が車体側面にラッピングされました。

10-IMGP2965.jpg

 

5月20日、函館港に過去最大の豪華客船が寄港しました。

米国船会社「ロイヤル・カリビアン・インターナショナル」社の7万トン客船

「レジェンド・オブ・ザ・シーズ」。

K20A4358-1.jpg

全長264メートル、全幅32メートルという巨大な外観は

bakucyoスタッフが撮影していますので、そちらの記事をご覧ください。

 

今回ハコダテ150プラスでは、ありがたいことに市民メディアとして

報道公開に招待していただきました。

P1540214.jpg

ネット媒体としては唯一潜入することができた豪華客船の船内を、

以下どうぞご覧ください。

大門横丁26店舗と大門・駅前15店舗が参加するワンコイン飲み歩きイベント

「大門バル」が6月4日(金)に開催されることになりました!

 

fck20090523024349cb58a294dd822c83.jpg

大門バルは、フードとドリンクのセットを500円で提供してくれるという超お得なイベント。

当初は大門横丁の企画として実施していましたが、昨年10月に初めて周辺店舗が参加。

名称も「横丁バル」から「大門バル」に変更し店舗数・地域ともに拡大しています。

 

20100513.jpg

当日は「必ず当たるスタンプラリー」も実施されるとのこと。

 

6月4日は、ぜひ仕事を早く終わらせて大門へ。

ちなみに私、早めに行けるように今からスケジュールを調整してます!

 

なお大門バルについて詳しくは大門横丁サイトのお知らせページをご覧ください。

1  2  3 |

最新記事の写真