電動レンタサイクル、始まります

| コメント(0) | トラックバック(1)

6月11日(金)より、函館市の西部地区と駅前地区の2ヶ所にて

電動自転車のレンタルが開始されることになりました。

P1540701.jpg

 

新幹線新函館開業に備えたまちづくりの一環として

北海道新幹線新函館開業対策推進機構が実施するもので、

坂のまちである函館の移動や観光の新たな足にしてもらおうという意図とのこと。

 

貸し出し場所となるのは当面、ロワジールホテル函館函館市地域交流まちづくりセンター

いずれも貸し出し拠点が貸し出し業務についても事業委託を受けており、

問い合わせや予約、実際の受け渡しなどを担当することになります。

 

なお、用意されている電動自転車は各貸し出し拠点4台ずつの計8台。

拠点の増設や台数の追加については今後のニーズを踏まえた上で検討するとしています。

 

P1540692.jpg

利用料金は、4時間まで1,000円、1日1,500円(税込み、傷害保険付き)。

ただし初年度である今年は4時間まで800円、1日1,200円の2割引料金が適用されます。

 

さて、9日には観光関係者や報道向けの試乗体験会が行われたため、

私もさっそく乗らせていただきました。

ペダルをひとこぎするとグンと進む感覚があり、とても気持ちが良いです。

坂道を上っても、普通の自転車からは考えられないくらいスムーズに上っていきます。

 

ただし、どんな坂でもスイスイ上っていくかというとそれはさすがにムリみたいです。

函館の坂は上るにつれて勾配が急になっているところがありますので、

そういったところではムリせずに自転車を押して歩いたほうがいいかもしれません。

坂道を上ってばかりいると電池が早くなくなってしまうそうですので、気をつけたほうが良さそうです。

 

なお、貸し出しの際には「下り坂は自転車から下りて押すこと」と書かれたカードを手渡し

危険防止を促すとのこと。

坂道を自転車で下ると想像以上のスピードが出ますので、止まれなくて

人や車や物にぶつかる可能性があります。下り坂では必ず自転車を下りましょう。

 

北海道新幹線新函館開業対策推進機構ではこの電動レンタサイクル事業を

「はこりん♪」と名付けて春から秋までの期間毎年実施していく考えです。

ちなみに「はこりん♪」は観光レンタサイクルとは銘打っておらず、

地元の市民でもどなたでもご利用になれます(中学生以上)。

駅前・西部地区の新たな足に一度試してみるのはいかがでしょう。

 

同機構の永澤大樹さんは「徒歩や車では気付かない発見があるとの声をいただいている。

場合によっては歩くよりも楽に坂を上ることができるので、周りの景色を楽しむ余裕も

生まれると思います。上手に利用していただきたいですね。」とコメントしてくださいました。

 

電動レンタサイクル「はこりん♪」概要

◆貸し出し拠点

  ロワジールホテル函館 電話22-0111

  函館市地域交流まちづくりセンター 電話22-9700

◆利用条件

  中学生以上

◆利用期間等

  22年度は6月11日(金)から11月7日(日)

  23年度以降は4月15日以降の最初の土曜日から11月3日以降の最初の日曜日まで。 

◆営業時間

  9:30~18:00

◆自転車仕様等

  パナソニックサイクルテック(株) リチウムビビ・SSシティ

  タイヤサイズ27インチ、3段変速

  モーター走行可能距離 オートマチックモード約25km、エコモード約43km。

ご利用に当たっては、北海道新幹線2015年新函館開業ウェブサイトの案内もご確認ください。







トラックバック(1)

トラックバックURL: http://www.hakodate150plus.com/mtos/mt-tb.cgi/1066

「ハコイチ!」スタッフブログ - 電動アシスト付きのレンタル自転車 (2010年6月17日 15:59)

所用で、所謂「西部地区」に行ってきたのですが、その時に見てきました。 ん?…いやいや、これです。 電動アシスト付きの自転車。 これが貸し自転車として、利用... 続きを読む

コメントする

最新記事の写真