科学祭初企画「サイエンスクイズラリー」

| コメント(0) | トラックバック(0)

8月28日(土)、開催中の「はこだて国際科学祭」のプログラムのひとつとして

サイエンスクイズラリーが青年センターを起点にして実施されました。 

s-10082802.jpg

同科学祭では初の企画となる「サイエンスクイズラリー」は、

まち歩きをしながら用意された問題を解いていこうというもの。

きちんと観察したり誰かに聞いたりしないとわからない問題に答えていくと、

科学に関するちょっとした知識が自然に身に付く内容になっています。 

 

P1630759.jpg

大変日差しが強く暑い日でしたが、スタッフ・関係者を除いて

約30名の市民が楽しみながら参加していました。 

 

P1630796.jpg

こちらがルートマップ。

銅像やマンホールなど特定の目印をルート中から探し出すミニクイズ付き。 

 

肝心の科学に関するクイズのほうはというと・・・

P1630771.jpg

今後のこともあるのでネタバレは避けますが、たとえばこの魚売り場の

写真の中にもプチ科学が隠されていたりします。

それを探し出して問題に答えていくので、注意力と「人に尋ねる力」が

試されます。 

 

今回出題ポイントとなったのは、本町市場、丸井今井、北洋資料館の3ヶ所。 

大人も子どももわいわい言いながらクイズラリーを通しての「新発見」を

楽しんでいたようです。

  

P1630795.jpg

暑い中最後まで歩き通した参加者の皆さんには、

修了証書と記念写真、そして参加賞が送られました。

 

普段と違った視点でまちを眺めて新たな発見ができる「サイエンスクイズラリー」。

まちを知りまちに親しむ手法として今後もっと様々な場所で活用されるといいですね。

 

青年センター活動日記でもこの模様が記事になっていますので、

あわせてご覧ください。

まちにはカガクがいっぱい!」 








関連する記事[1件]

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hakodate150plus.com/mtos/mt-tb.cgi/1498

コメントする

最新記事の写真