2011年1月アーカイブ


110130_sen59_1.jpg
1月30日(日)10:00から函館市地域交流街づくりセンターで、2011年はこだて国際科学祭のキックオフイベントが行われました。

2009年は「環境」、2010年は「食」をテーマに開催され、3年目の今年は「健康」をテーマに8月20日(土)~28日(日)の期間中函館市内全域で様々なプログラムが行われます。

今日のキックオフイベントは、2011年の科学祭を開催するに当たり、実行委員やこれまで関わってきた市民ボランティアの人やこれから関わっていきたい人とが集って今後の科学祭をよくしていくためのアイディア出しと意見交換・交流の場でした。

冒頭では、はこだて国際科学祭を主催しているサイエンス・サポート函館代表の美馬のゆりさん(未来大学教授)から2010年の活動総括がありました。科学祭の目的や科学リテラシーなど科学についての豆知識の説明はもちろんのこと、2009年に比べて延べ参加者数が2,500人増加したこと、開催プログラムも19から27に増えたこと、また連携団体や個人、NPOなども37から53に増加したことなどをもとに拡がりが着実に増えていることをお話していました。それらを踏まえて科学祭のこれからの展望についてお話をされていました。

その後、科学祭を支える活動の「はこだて科学網」「はこだて科学寺子屋」についてそれぞれ本村真治(函館高専准教授)、田柳恵美子さん(未来大学特任教授)から報告がありました。


110130_sen59_2.jpg
はこだて科学網では高専、教育大、未来大、北大水産学部が連携し、地域科学イベントの情報発信やレポート、日常的な科学技術とのふれあいの場を提供することを目的としており、今後は親しみやすさを掲げて、これまで関わってくれた人たちとのつながりをさらに拡大していきたいとお話されていました。


110130_sen59_3.jpg
一方、はこだて科学寺子屋ではおもしろい取組みとして、学生と市民の協働によるサイエンスクイズラリー(レポート記事はこちら)について報告がありました。プログラムを作ること自体をプログラムにしよう!ということから始まったこの企画ですが、2009年3月と6月のワールドカフェ形式のアイデア出しと8月の単位互換集中講義を経て8月末に実施されました。参加満足度は最高と自負されていました。
また、科学寺子屋は参加者が固定化しつつはあるものの、参加者のひとたちが成長し科学寺子屋品質維持のために必要不可欠な存在になっていることもお話していました。質の高いプログラムをより多くの参加者にお届けすることが今後の課題ということでした。


講演のあとは・・・


110130_sen59_4.jpg
下記の3つの切り口で4つのテーブルに分かれてワールドカフェ形式による参加者交流ワークショップ!

1.科学祭2010を振り返ってどうだったか?
2.科学祭2011をどんなふうにしたいか?
3.科学祭(サイエンス・サポート函館)自体をどうしていったらよいか?


110130_sen59_5.jpg

その後、すべての参加者が印象に残ったことば、疑問、違和感などをポストイットに記述しそれを共有。最も多かったのは「科学祭PR」の話でした。
今後、科学祭の存在を知らない人にどのようにしてアピールしていくか...「科学という言葉はわかりづらいのではないか?ネーミングを工夫」「ニコ動やツイッターを使って発信!」など意見は様々・・・


110130_sen59_6.jpg
美馬のゆり代表は「10代の人に楽しみながら参加してもらうために、職業の入口としてパソコン(ソフトウェア)の使い方など教えることから入ってはどうか?」と力強くお話されていました。


もし、街なかで科学祭に限らず科学イベントをやっていたら「え~科学か・・・」と拒否反応を示すのではなく、積極的に参加していただければ新しい発見と出会いにつながるかもしれません。きっと楽しいですよ!
まだまだ発展途上のはこだて国際科学祭成長のカギは函館市民の皆さんの参加です!函館発の新しい科学コンテンツが全国に波及し、将来的には函館観光と街の活性化につながるかもしれません・・・

そんな科学祭から今年も目が離せません。

>>はこだて国際科学祭(サイエンス・サポート函館)公式ホームページはこちら


110130_sen59_7.jpg
本日の参加者で集合写真

今週末2月5日と6日、七飯町の大沼国定公園にて

第45回大沼函館雪と氷の祭典」が開催されます。

11013001.jpg

恒例の氷のすべり台(写真は昨年の様子)や大小の雪像が公園内に設置されるほか、

氷の彫刻(アイスカービング)や熱々のおいしい食べ物販売コーナーなど

楽しい催しがいろいろ用意されています。

 

現在大沼公園では急ピッチで準備作業中。

11013002.jpg

11013003.jpg

イベントの詳しい内容については「まるごと大沼」サイトのお知らせページをご覧ください。

1月29に(土)、アサヒファミリークラブ主催による講演会が

金森ホールにて開催されました。

タイトルは「イカール星人は新幹線をのみ込めるか」。 

110129ik004.jpg

イカロボット「IKABO」の制作を指導している松原仁・公立はこだて未来大学教授、

プロデューサーとしてイカール星人を世に送り出した阪口あき子・シンプルウェイ社長、

そしてWAKOビルで八百屋夢八を経営する国分晋吾・北海道ラボラトリー社長という

ユニークな3人が話し手として出演。

 

110129ik003.jpg 

実はこの3人には共通点があります。それは・・・ 

 11-IMGP8116.jpg

現在、函館市青函連絡船記念館摩周丸で「おもしろ びっくり 海のトリビア展」が開催されています。

IMG_4057.JPG

五稜郭公園で、桜の枝の選定が始まっています。

春に花をきれいに咲かせるために、毎冬行われるもので、

この枝を、1/17~3/15の平日、北側(裏門)広場の詰所で市民に配布しています。

 

本サイトへのアクセスが今日の午後から急上昇。「繋がりにくい」(?)状態も。

原因は1月23日の本サイトの記事。この記事に6時間で7,000ものクセスが殺到しました。

「けあらし」が発生。海上に湯気(?)が浮かぶ

でした。26日13時Yahooニュースの関連記事として紹介されたものです。
素晴らしい写真でした。あらためてそう思います。それにしてもYahooの記事捜索能力もなかなか。

ハコダテ150、26日19:00現在のアクセス(PV)分析 (クリックで拡大)

kearashi2.JPG



kearashi.JPG


ka1.jpg

1月23日午前8時5分頃撮影

「恵山沖から大間の海峡にきれいなけあらしが発生している。」との情報をいただき、早速出掛けたところ、津軽海峡上に白い湯気のようなものが立ち込めている様子を目撃する事ができました。

ka2.jpg

留萌振興局のホームページで「けあらし」についての記述がありましたので以下に引用します。

「けあらし」とは北海道の方言で、冷え込みの厳しい日に海面に発生する湯気のようなものをいいます。

「けあらし」は、放射冷却により冷え込みが強まった日に、内陸や山地の空気が冷やされ、その冷やされた空気が暖かい海面上に流れ込むと、水蒸気の急激な蒸発により霧が発生することで起こります。このように発生した「けあらし」はその後の気温の上昇などの要因により消滅してしまいます。

発生時刻は概ね午前5時頃から午前10時頃までですが、気象条件により前後することがあります。

発生場所は海岸より1㎞から数㎞程度で、高さは2、3mの小さなものから、10m位の大きなものまであります。この「けあらし」は気象用語にはなく、気象用語では「蒸気霧」(じょうきぎり)といいます。

ちなみに、「けあらし」は北海道の方言と上述しましたが、留萌地方で使われ始めたのがきっかけと言われています。

引用ここまで。

ka4.jpg

今朝の函館は非常に冷え込みが厳しかったので発生する条件に合致したのでしょうね。とても寒いのに海から湯気が出ていてなんだか暖かそうに見えるとても不思議で幻想的な現象です。

日差しが強くなり時間が経つにつれ「けあらし」はどんどん少なくなっていきました。

ka3.jpg

そんな厳しい寒さの中、ウニ漁をしていると思われる舟も。

美しい日曜の朝の風景でした。

(Tさん 情報提供ありがとうございました。)

 

当サイト主催で昨年末に開催された「X'masイルミネーションフォトコンテスト」の審査結果を

本日(1月20日)発表いたしました。

今回のコンテストには35名様より99点の作品が応募されましたが、

その応募作品をハコダテ150plusスタッフと第三者数名を合わせた20名で審査を行った結果、

01.jpg

ハンドルネーム:高橋義雄さんの「いえのと一緒だね」が最優秀賞に輝きました。

全応募作品中唯一のモノクロ写真で、気持ちが伝わる作品として高評価となりました。

 11-IMGP8239000.jpg

午後6時以降に運行される市電が乗り放題になる上、価格も一日使える市電専用1日乗車券の半額の300円とかなりリーズナブルで昨年好評を得た函館市交通局の「トワイライトパス」が、今年も1月3日から3月31日までの期間限定で午後6時以降に運行されている市電の車内で発売されています。

函館から車で約1時間ほどで行ける木古内(きこない)町にて、

181年続く神事「寒中みそぎ祭り」が13日から15日までの3日間にわたって

執り行われました。 

P1730734.jpg

寒中みそぎ祭りは、豊作や豊漁を祈願して佐女川(さめがわ)神社の4柱のご神体を

真冬の海で清めるもの。

海に入る「行修者(ぎょうしゅうしゃ)」と呼ばれる4人の若者は

前日と前々日水ごりを繰り返して心身を清めます。 

1  2 |

最新記事の写真