イカール星人は新幹線をのみ込めるか

| コメント(0) | トラックバック(0)

1月29に(土)、アサヒファミリークラブ主催による講演会が

金森ホールにて開催されました。

タイトルは「イカール星人は新幹線をのみ込めるか」。 

110129ik004.jpg

イカロボット「IKABO」の制作を指導している松原仁・公立はこだて未来大学教授、

プロデューサーとしてイカール星人を世に送り出した阪口あき子・シンプルウェイ社長、

そしてWAKOビルで八百屋夢八を経営する国分晋吾・北海道ラボラトリー社長という

ユニークな3人が話し手として出演。

 

110129ik003.jpg 

実はこの3人には共通点があります。それは・・・ 

 

まちを動かす要素として最近よく挙げられる3つの要素である

よそもの・ばかもの・わかもの」のうち「よそもの」と「ばかもの」を満たしているということ。

3人とも函館の出身ではなく、移住してきた方。

そして、新しいことや一見くだらなさそうなことをバカみたいにおもしろがれる方々。

 

そんなお三方のお話をピックアップしてみます。

 

110129ik005.jpg

 

 

 

 

 

松原 仁・公立はこだて未来大学教授

 

 

松原さん「自分で良い未来を描き、自分でそのように未来を向ければその予想は当たる」

阪口さん「新幹線が来て良いことがあれば悪いこともある。良いことからはしっかり恩恵を受け、

 悪いことは防いだり最小限にとどめる備えをしたい」

國分さん「函館に来て一番気になったのは『諦め感』。口を揃えて厳しい厳しいと言う。

 だが、せめてイメージだけでも変えたい。『厳しいけど、でも最近駅前にできた八百屋は

 元気だよね』と一瞬でも話題に上ってもらえればいい」

 

110129ik001.jpg

 

 

 

 

 

阪口あき子・シンプルウェイ社長

 

 

阪口さん「函館は営業に取り組むことをもっとがんばるべきなのかなあと思う。

 営業と言うと"押し売り"ととらえられたり『いいものは黙っても売れる』とか言われるが、

 そうではない。想いを伝える・ストーリーを伝えることが大切」

阪口さん「函館には懐の広さとユーモアがある。ユーモアは知性だ。

 保守的でしょうとか新しいことを始めるの大変でしょうと言われるが、実は一度も

 そんな思いをしたことがない」

阪口さん「ブランド調査で1位や2位になった時に函館の人は『信じられない』『なんで?』

 という反応をしてしまうが、謙遜せずに素直に喜んで誇りにすべきだと思う。

 ディズニーランドに行ってミッキーに駆け寄ったら『いやいやそんな僕なんて』と謙遜されたら

 興ざめだと思う。函館の人も外から来る人に対して函館を誇りにすべき」

 

110129ik002.jpg 國分晋吾・北海道ラボラトリー社長

國分さん「函館のどこが好き?と聞かれたら『人』だ。みんなとても優しく、応援をしてくれる」

國分さん「言葉が正しいかわからないが、函館の人はツンデレだと思う。

 函館がすごく好きなのに、口を突いて出てくるのは悪口。でも好きなんでしょ?と聞くと

 うん、まあと答えが返ってくる。

 我々のように函館が好きで来た人は『好きだ好きだ』と言うが、ずっと住んでいる人にとっては

 言いにくいのかもしれない。

 函館の人がみんな盲目的に『函館を好き』だと言えるようになるのが僕の野望」

 

阪口さん「外国人のお客さんに対する新しいビジネスを考えなければならないと思っている。

 自分の力のなさわかっているので、もっといろんな人とつながりを持っていきたい」

 

國分さん「自分は函館に来るまで営業一筋でやってきた。資源として函館を見たときに、

 自分が営業マンとして必ず売れると確信した」

 

松原さん「函館はちょうど良い大きさだ。自分と仲間たちの力で何かを動かすことができる。

 何かを実践するとその成果が返ってくる

 

國分さん「函館の大学生はもっと地域や社会との接点を持つべき。函館は何かするとすぐに

 メディアに取り上げられ、みんなが気にかけてくれるのでやりがいにつながる」

 

阪口さん「函館の魅力を私が伝えるとしたら、"日常から離れて非日常の中で元気になれる街"。

 函館は食・自然・歴史・温泉など多面体の魅力があり、どんな人も何かの面に興味を持つはず。

 新しいものを発見できるまちであり、いやされるまちであることを声を大にして言っていきたい」

 

國分さん「少しでもまちを良くしたいと思うのであれば、自分に何ができるかを

 考えることが大事。

 また、函館の人は『あれもこれもなくなった』と無くなったものをよく数えるが、

 いま残っているものをしっかりと見ていくことが大事だと思う」 

 

それぞれの分野で「ばかもの」としての役割を存分に果たしておられる皆さんのお話だけあって、

「(行政などの)誰かが何とかすればいい」という話は一切話題に上らず、

自分たちにできることを行っていこうという非常に前向きかつ身近な話になりました。

 

この日の講演会ではこのほかイカロボットのデモンストレーションや

イカール星人新作動画のデモ上映が行われました。

 

2月公開予定という待望のイカール星人新作動画では、「これで函館もひと安心」と思う間もなく

誰もが予想だにしなかった恐怖の展開が待っています。マジで函館壊滅の危機です。

詳しくは新作が公開されてのお楽しみ。

イカール星人公式サイトを時々チェックしてみてください。 







トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hakodate150plus.com/mtos/mt-tb.cgi/2245

コメントする

最新記事の写真