道南やるべや市で「史上最大の撤収作戦」

| コメント(0) | トラックバック(0)

7月16日と17日の2日間にわたって開催された「道南やるべや市」は、

テント数62張り、出展企業や団体などのブース数が81という函館では空前の規模の

物産市として大いににぎわいました。

主催者発表では2日間の来場者数は1万人以上とのこと。

イベント慣れした方々に聞いてみたところでは、初日が1500から2000人、

2日目が6000から7000人以上という見立てでした。 

110718ky02.jpg

実は、そんな道南やるべや市の最大のイベントはお客さんが帰った後に行われていたのでした。

それをお伝えする前に、2日目の会場内のにぎわいをご覧ください。

 

110718ky01.jpg

110718ky03.jpg

110718ky04.jpg

110718ky06.jpg

110718ky09.jpg

110718ky08.jpg

110718ky11.jpg

こんなに楽しそうなイベントなのに、2日目の終了時刻は午後2時。

 

なぜそんなに早いかと言うと、この後この会場は花火大会の会場(観客席)になるから。

そのため、道南やるべや市は午後3時半までに完全撤収しなければならなかったのです!

しかしながら、62張りものテントと大量のイス・テーブル、そしてテントの重りにした

多数の鉄材(H鋼)を1時間半で完全撤去するなんてことは函館では前代未聞。 

そんな、未知への挑戦が終了時刻直前から始まりました!

110718ky12.jpg

110718ky13.jpg  110718ky14.jpg

110718ky15.jpg  110718ky16.jpg 

110718ky17.jpg  110718ky18.jpg

110718ky19.jpg  110718ky20.jpg

各ブースがどんどん片付けられていき、テントが解体され、ゴミが集められていきます。

110718ky07.jpg

間もなく、こんなにぎわいだった会場が・・・

 

110718ky21.jpg

こんなさっぱりとした光景に。 

110718ky22.jpg 

時計を見ると、まだ2時5分・・・?早すぎる! 

110718ky25.jpg  110718ky24.jpg

さらにどんどん作業は進み・・・ 

110718ky10.jpg

こんなに人でぎわっていた会場が・・・

 

110718ky38.jpg 

こんなにきれいさっぱり。

 

110718ky27.jpg

時刻は2時15分。

 

110718ky28.jpg

テントの解体はほぼ終わり、フォークリフトによってH鋼が運ばれていきます。 

110718ky30.jpg

運搬用のトラック以外にはほとんど何も残っていない状態。 

110718ky31.jpg

この時の時刻は2時30分。

 

さらに作業は進み・・・ 

110718ky32.jpg  110718ky33.jpg

110718ky35.jpg

110718ky36.jpg

後はトラックに積み込むだけという状態になったのが、 

110718ky34.jpg

2時45分。 

 

この後順調に積み込みは進み、目標時刻よりも25分早い3時5分に

「史上最大の撤収作戦」は完了。

その数時間後には・・・ 

110718ky37.jpg

同じ場所に花火の見物客があふれていました。

やろうと思ってきちんと段取りすればなんとかなるものですね!

中小企業家同友会の会員の各企業の皆さんのすばらしい結集力に拍手です。

 

初の試みだった「道南やるべや市」は来場者にも大変好評で、「ぜひ来年も」との声が

多く聞かれました。

地域イベントとしても、地元の人が地元の優れた生産者や産品を知るという大変有意義かつ

ある意味必然性のあるものだったように思われます。

ぜひとも来年も開催できますよう、関係者各位にお願いいたします!








関連する記事[5件]

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hakodate150plus.com/mtos/mt-tb.cgi/2893

コメントする

最新記事の写真