ピザの名店「アリタリア」が今月中で閉店!

| コメント(2) | トラックバック(0)
aritaria1.JPG

45年もの永きに亘って、函館市民に美味しい本物のピザを提供してくれていた、大門の「ピッツリア アリタリア」が9月中を以って閉店することになりました。

 

アリタリアの店主さんは、日本でのピザ発祥の店、六本木「ニコラス」で若い時に修業。その後函館で45年もの間、私たちに、これが本物のピザだという味を届けてくれました。その味がついに・・・・・・・。

恥ずかしながら、閉店することを知ったのは、本日アリタリアで食事をしている最中、ツイッターのフォロワーさんから教えていただき、お店の方に確認してやっとわかった次第です。お店側のお話では、一応区切りとしては25日(日)までですが、材料がなくなるまで、最長で29日まで営業するそうです。

函館に戻ってきた2年前から時々訪れていた筆者でありましたが、たった2年間の中でも訪れる度に、店主さんの動きが鈍く辛そうになって行くのを感じておりました。

まだ店主さんが元気で、独特の独り言や歌を歌っていた時のリポートは「函館食遊帳」でご紹介しています。⇒こちら

ですが、その後テーブルにピザを運ぶ足元もおぼつかないようになりました。見ている方も辛いのですが、誰かが手伝いますよと言っても、「いいです、ちゃんと自分で作って届けるのが仕事なのだから」と言って断った場面がありました。その時、この方は本物のプロだと理解しました。確かに調理の動作もどんどん鈍くなって来ました。きっと体は悲鳴を上げていたのかもしれません。ですが、出されるピザの味はいつも変わらず絶品です。

今日は、今までの中で最も口数が少ない店主さんでした。厨房で調理している店主さんの表情を見ると、プロとしての気概だけで作っているのがよくわかりました。今では奥様(?)が手伝ってくれているため、運んでくることはないのですが、それでも調理だけでもきつそうなのはよくわかりました。しかし、出て来たピザはいつもと変わらぬ美味しさでありました。プロ中のプロだから45年もやってこれたのだ。そういう味です。

閉店の理由は、店主さんの療養のためとのことです。どうぞ、自分をいたわってゆっくり休んでください。そして元気になったら、またあの独特の独り言をどこかで聞かせてください。本当に永い間、函館にピザという文化を作り守っていただいてありがとうございました。あなたがいなければ、本物のピザを知らずにいたかもしれません。個人的には函館市民栄誉賞をもらって欲しいと希望します。

本当にありがとうございました。







トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hakodate150plus.com/mtos/mt-tb.cgi/3071

コメント(2)

こちらの記事のおかげで、以前から一度行こうと
思っていた『アリタリア』へ急遽行ってきました。
函館を支えてきたお店のピザを味わうことが
できてよかったです。
ありがとうございました。

コメントする

最新記事の写真