縄文文化交流センターオープン

| コメント(0) | トラックバック(0)

 当サイトでもお知らせしていた通り、国宝「中空土偶」を保管展示する博物館

「函館市縄文文化交流センター」が10月1日に南茅部地区の臼尻町にオープンしました。

111001kj01.jpg

高橋知事も参加してのテープカット。

 

111001kj03.jpg

同センターでは南茅部地区から発見された数々の遺跡から発掘された

土器や石器、魚や動物の骨などを展示。

この地に住んでいた縄文人の暮らしぶりがわかるような展示になっています。

 

また、国宝「中空土偶」の展示の仕方は、誰もが「かっこいい」と言ってしまう素晴らしさ。

ぜひご自分の目でお確かめください。 

 

111001kj02.jpg

函館市縄文文化交流センター

函館市臼尻町551-1 国道278号線バイパス沿い

電話 0138-25-2030

開館時間 9:00~17:00(11月~3月は16:30)

入館料 一般300円、学生・生徒・児童150円

休館日 月曜日(祝日の場合は最も近い平日)、12月31日~1月5日、

      館内整理日(毎月最終金曜日)、特別整理期間(年1回、2週間程度)







トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hakodate150plus.com/mtos/mt-tb.cgi/3098

コメントする

最新記事の写真