世界料理学会2日目は食材見本市!

| コメント(0) | トラックバック(0)

2日間にわたって開催された第3回世界料理学会in HAKODATE

2日目の24日はメイン会場での講演に加えて分科会も開かれ、会場は熱心な聴講者の

静かな熱気に包まれていました。

120424kt01.jpg

 

もうひとつ2日目の大きなプログラムとして開催されたのが、道南食材見本市。

120424kt02.jpg

バイヤーさんや料理人、観光エージェント、さらに一般市民などが次から次へと訪れ、

生産者たちに熱心に話しかける光景があちこちで見られました。

というわけで、そんな道南食材の幾つかを写真でご紹介します。 

 

なお、以下幾つかの食材の名前に貼られているリンクは、

南北海道食彩王国の当該ページです。 

120424kt03.jpg

函館男爵黒豚の生ハム。

 

120424kt04.jpg

アルパージュ(函館)のチーズ。 

 

120424kt05.jpg

カドウフーズ(函館)のレトルトメークイン。茹でてあるのでこのまま料理に使えます。 

 

120424kt06.jpg

今やブランドきのことしての地位を確立している、王様しいたけ。 

 

120424kt07.jpg

富岡ワイナリー、喜多里奥尻ワイナリー

 

120424kt08.jpg

服部醸造(八雲)の脇屋シェフのにんにく醤油と、人気の塩麹。

 

120424kt09.jpg

鎌田きのこ(帯広)のマッシュルーム。 

 

120424kt10.jpg

熊石深層水(八雲)の海洋深層水塩。 

 

120424kt13.jpg

オーガニックケルプ(函館)の海藻ふりかけなど。 

 

120424kt15.jpg

函館市漁協などによる「食べるこんぶ」。 

 

120424kt16.jpg

マルヒラ川村水産(函館)による旬の地魚。 

 

120424kt18.jpg

道南伝統食品協同組合(函館)による尾札部とろろ昆布。 

 

120424kt19.jpg

梶原昆布店(函館)によるがごめおぼろ昆布。 

 

120424kt20.jpg

北海道産ファームによるエゾ鹿肉。 

 

120424kt22.jpg

エヌ・ハーベスト(函館)によるオーガニックスパイス。 

 

120424kt26.jpg

秀明ナチュラルファーム北海道(せたな)による菜種油と、 

シゼントトモニイキルコト(今金)によるトマトジュース

 

個人的にかなり気に入った食材がこちら、だるま食品本舗(函館)による

「函館がごめの滴(しずく)」。

120424kt25.jpg

がごめ昆布のねばねば成分を固めてところてん状にした新たな食品。

ところてんのように途中で切れることが少なく、なおかつところてんに感じられる

海藻っぽさや海くささがなくて食べやすいとのこと。

120424kt24.jpg

少しタレにつけておくと琥珀色に輝いて、見た目も美しいです。 

醤油だれのほか、黒蜜ときなこを振って「葛きり」のようにして食べるのも美味。

こうするとめちゃくちゃうまいです。今年の夏はこれがオススメ。

函館市内では大槻食材で扱っています。

120424kt21.jpg

さて、平日開催ながら実はかなり盛り上がっていた世界料理学会。

広く一般向けの催しというわけではありませんが、函館で開催される新たなコンベンションとして、

さらには函館の食の幅と奥深さを広げていくイベントとして素晴らしい可能性を感じさせます。

次回の開催が楽しみです。 







トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hakodate150plus.com/mtos/mt-tb.cgi/3620

コメントする

最新記事の写真