函館公園でお花見前に「函館の麦酒」展へGO!

120413jandm01.jpg

函館公園内の市立函館博物館、行ったことありますか?
縄文土器や箱館戦争などに関する常設展のほか、面白い企画展もやっています。
ちょうどお花見の時期から始まるのが「函館の麦酒-歴史・産業・意匠-」展。
展示を見て「ビール通」になってから、桜を見ながら乾杯!なんて、いかがでしょう。

120413jandm02.JPG

市立函館博物館は函館公園の緑の中に建ち、函館市の貴重な郷土資料を収蔵しています。
今回の企画展では、昔懐かしいビールのポスターを取り上げ、
サッポロホールディングス、サッポロビールの協力を得て、ビールの歴史を紹介します。

函館のビール事情は、明治15年に末広町で函館ビールの製造を開始したのに始まり、
明治31年には、金森洋物店を開いた渡辺熊四郎らが函館公園そばに函館麦酒醸造所を建設、
隣に西洋風の野天ビヤホールを開店したのが、「日本最初のビヤホール」といわれています
そんなビールの歴史あれこれがわかる、ユニークな企画展といえそうです。

期間/2012年4月28日(土)~6月24日(日)
会場 / 市立函館博物館(青柳町17-1、函館公園内)2階ロビー、3階第2展示室
開館時間 / 9:00~16:30
入館料 / 一般200円、大学・高校生100円、中・小学生50円 ※無料・割引適用あり
休館日 / 月曜日(4/29・30、5/3・4・5は臨時開館)
問い合わせ / 市立函館博物館 0138-23-5480

展示解説セミナー、関連のビール講座などのお知らせはこちら

ちなみに、函館公園のお花見は......

120413jandm03.JPG 120413jandm04.JPG 120413jandm05.JPG 120413jandm06.JPG   

屋台があり、ジンギスカンができて、遊園地で遊べて、動物を見てまったりできます。
予想開花日は5月4日、満開日は5月8日です(4月11日日本気象協会発表)。










トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hakodate150plus.com/mtos/mt-tb.cgi/3600

コメントする

最新記事の写真