ゴンドラの上に乗ってみた!そのまま山頂へ!?

| コメント(0) | トラックバック(0)

トップ  >  今月の特集  >特別号 函館山のシークレットゾーンに潜入!? 表紙ページ> ゴンドラの上に乗ってみた!そのまま山頂へ!?

ゴンドラの上に乗ってみた!そのまま山頂へ!?

山麓駅地下の駆動設備(立ち入り禁止エリア)で、函館山ロープウェイの安全性についてしっかり勉強した私たちスタッフは、興奮さめやらぬ状態でプラットホームへ。

いよいよ本日のメインイベント!!

ゴンドラ上部に設置されている、保守点検のために設けられた畳1枚ほどの作業スペースへ潜入取材です!

今回の特別号は、函館山ロープウェイ様の特別許可のもと、「立ち入り禁止区域に潜入」記事がたいへん多いのですがこの場所は、選ばれた者でなければ立ち入ることができません。なんと言っても「動くゴンドラの上」ですから!!

その前に、こんな一幕もありまして。

isuzuスタッフのレポートをどうぞ。

 

引率係の方が「高いところが平気な方、いましたら上に登りますか?」と聞いてきた。
ここは【ブログ芸人】として「yes!!!!!!」でしょ(゚皿゚)JK
迷わず手をあげました。

高所恐怖症で、大阪の空中庭園で泣いた私が。


「それじゃぁ、ヘルメットかぶってもらいますね。」
あ、は・・・はぁ。
あれれー、まじで何目的だっけ?!
ネタやりに来たんだっけ?
ハシゴを登りだすいすず↓


係の方「実は先週、まちゃまちゃがそのハシゴを登って、

途中で怖がって登り切れなかったんですよぉ」
高所恐怖症の人は登りきれないハシゴらしい。

ん・・・?確かに向こう側が見えてるから、くらくらするなぁ。
って!!ちょ!!!!!!!
まじで怖いんだけどwwwwwwwwwwwwwwww
係の方「あ、ちょうどその当たりでまちゃまちゃが止まりましたw」
いあいあいあいあwwwwwwww怖いwwwwwwwww
このハシゴおかしいwwwwwwwwwwww
向こう丸見えで、地面が遠くに見えるのwwwwwwww

いすず「(゚皿゚)駄目だこりゃあああああ!」



lapisさんも、ハシゴの同じ位置で挫折。
まじで怖いんだって!!!w

・・・ということで。

 

高いところが大好き!というChiffonスタッフと、好奇心旺盛な編集長、2人が乗り込むこととなり、まずはヘルメットと軍手を着用します。

手荷物を預け、注意事項の説明を受け、いざ、函館山のシークレットゾーンへ!!!

もちろんカメラは忘れない編集長。

何のためらいもなく、するするとはしごを登りはじめます。

 

  

私達、下のスタッフがいるところが山麓駅プラットホームです。

そこから1段高いところへ、、、この時点でも十分怖いのに「気持ちいいですよ!」と、笑顔でブンブン手をふる上のスタッフ。

 

実は何人ものスタッフが、このはしごだけでも登ってみよう!と挑戦したのですが、誰一人として、登り切ることができませんでした。

「生まれたばかりの小鹿のような足になった!」と恐怖を語るスタッフ。

足がすくむ、、、とは、まさにこのことですね。

 

高所恐怖症、というものは、そう簡単には克服できるものではありません。

無理な人には無理なんです!

この企画に応えられる人がスタッフにいて、本当に良かったです、、、。

 

高いところが大好き!という、この企画にうってつけのChiffonちゃんは禁断のスペースに目をキラキラさせて、とにかく嬉しそう。

「こんなに見晴らしがいいのに、どうして皆さんはそんなに怖がるの?」

満面の笑みを浮かべるChiffonちゃんと、手が震えることなく、しっかりと構図を決めてシャッターを押す編集長、、、二人を尊敬します。

   

いよいよゴンドラ上部へ。

下のスタッフの不安をよそに、どんどん進んでいく上のスタッフ。

  

 下のスタッフが向けるカメラに、その都度笑顔で応える上のスタッフ。

 

ここに足を踏み入れた者でなければ撮影できないアングルをしっかりと記録する編集長。どうやら好奇心が恐怖に勝っているようです。

いよいよ二人はゴンドラ上部へ、、、

私たち下のスタッフはこのゴンドラに乗り込み、上の二人と一緒に山頂へと向かうことに。

 

 ハーネスをつけてもらいます。いよいよです!

なまらがっつり(すごく、とっても)嬉しそうな二人。

係の方は、実際にこれから保守点検を行います。

  

二人にばかり気をとられてましたが、よく見たら係の方はこんな位置です!!

  

発車直前まで余裕のスタッフ。

高所恐怖症の私は、ゴンドラに乗るだけでもドキドキなんですが、、、。

※あとで「顔色が悪いですよ」と言われました、、、怖かったです(涙)

 

 いきまああああああああす!!

 

 

目の前に広がる函館の町並みに、うっとりするChiffonちゃん

この日の函館は見事な秋晴れ。駒ケ岳などもはっきり見えて最高の景色でした。

夜景で有名な函館山ですが、昼間だってご覧のとおり、素晴らしい眺めが楽しめるんです。

  

人形ではありません!

 

 かなりの高速で移動する函館山ロープウェイ。

「ほほをなでる風が超気持ちいい!!」らしいです。

楽しくて楽しくてたまらない!という表情のスタッフもすごいけど、撮影するため、両手をフェンスから離してカメラを構える編集長もすごい!

 

約3分ほどで函館山山頂へ到着。意外と、あっという間だそうです。

この機会を逃すものか!!と、記念撮影に忙しい二人の横で毎日の仕事を黙々とこなす係員さん。この地道な点検作業によって、ロープウェイの安全が保たれているのですね。

  

 

山頂駅に到着し、搭乗していた我々は降りますが、おや?二人はこのまま、、、。

実は、この保守点検の場所への乗り降りは、下の山麓駅からに限られているため山頂では降りられないのだそうです。このまま、しばし待機です。

 

青い空に真っ白なヘルメットと軍手がまぶしい二人。

このあとロープウェイは乗客を乗せて、再び、下の山麓駅へ。

下りも何のその。Chiffonスタッフは両手を手すりから離して「鳥っ!」とテンションが上がっていたそうです。

 

執筆:younashi、isuzu/編集:kitora/撮影:kitora、bakucyo、jam、X-103 、lapis、younashi、isuzu







トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hakodate150plus.com/mtos/mt-tb.cgi/156

コメントする

カテゴリ

ハコダテ150+ コンテンツメニュー


Google

WWW を検索 150+ を検索


asset-content entry-content