入江山練習砲台跡と観測所跡

| コメント(0) | トラックバック(0)

トップ  >  今月の特集  >特別号 函館山のシークレットゾーンに潜入!? 表紙ページ> 入江山練習砲台跡と観測所跡

入江山練習砲台跡と観測所跡

 

入江山には練習用の砲台と観測所の跡が残されています。

入江山コースと呼ばれる尾根伝いの細い登山道を歩くこと数分。

目の前に現れるのが入江山練習砲台の砲座跡です。

ここには38式野砲という小さめの大砲を改造した練習用の大砲が置いてあったとのこと。

いすずスタッフと比べても意外と大きいです。

観測所跡の周辺にも、塹壕らしきものの跡が・・・。(立入禁止)

観測所出入口の石造りの重厚な階段。

階段の先には地下通信室の入口と観測室跡への階段があります。

但し、前者は許可を得た研究者の方以外は立入禁止です。

観測所の上部にある観測室跡。往時は屋根が掛っていたようです。

執筆・撮影:X-103







トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hakodate150plus.com/mtos/mt-tb.cgi/163

コメントする

カテゴリ

ハコダテ150+ コンテンツメニュー


Google

WWW を検索 150+ を検索


asset-content entry-content