13回目のバル

| コメント(0) | トラックバック(0)

4月23日は第13回のバル街。
あいにく4月とは思えない肌寒さで、最初の出だしはやや遅くなったようだが、
夕暮れ時から続々と人が集まり始め、いつもの風景(普段は閑散の十字街の横断歩道を2-4人の
グループが次々に渡っていく)が現れた。

 

筆者は、所用で17時に一回(一枚)、一度離れて、20:30に二度目(2枚、残りはあとバル)
という変則参加、しかもあえて独行というスタイルで臨んだ。
敢えて、と格好をつけるが要は誰にも誘われなかっただけ。

 

1回目からのお付き合いだが、毎回、それなりにコメントしてきたし、そうさせるだけの何かがこのイベントにはある。

 

今回のテーマは2つ。

ひとつは、参加客の拡がりだ。

 

 

実は今回の17時の参加は、4-5年前に一度会ったきり音信不通であったある知人からの電話がきっかけ。
この方(M氏)は、前からこのバル街に強い関心があり、前回の私との出会いも、
たまたま新聞で見た私の記事を頼りに、業務出張の機会に訪ねてこられたもの。

それ以来M氏は「バル街にぜひ一度」と思い焦がれていて、ときおりネットで情報をフォローしてきたという。
今回やっと宿願がかなったと興奮の態。東京からわざわざ夫人同伴で見えたのだそうだ。
チケットはネットで予約、受け取りに来たまちセンでバルの実行委員に尋ねて筆者に電話をしてこられたという。

いくつかの「ローカル情報」を伝授したところ早速チケットを買い増して勇躍、二十間坂方面に向かわれた。

 

市内の小学校の同級生同士が春・秋に年2回、このバル街で集まって旧交を温める(3人は東京からひとりは地元)というケースも聞いている。

 

長く続けていることの効果はこういうところに現れる。

 

まちセンのスタッフによれば、今回は東京・札幌など遠方からの客が特に目立つという。
遠く九州、関西方面から来られた方も。
そういう方は地理不案内なのでバル街マップの見方をまちセンのカウンターに聞きに来るケースが多いのでわかるらしい。

 

釧路の鶴居村観光協会のご一行4名はバル街を「勉強」に来られたそうで、深谷実行委員長の説明を熱心に聴いた上で街へ出て行かれた。

昨年からは本州の数箇所でもバル街ライクな催しが始まっているという。

それぞれの土地の魅力を生かしつつ、バル街の手法が運営手段として優れていることが実証されていくとすれば大変うれしいことだ。

 

そして2

 

前にも書いたことがあるが、バル街が徹頭徹尾自主自立運営であるということだ。

 

こういう単発的なイベントで、しかも3,500人以上の参加者、60店以上の参加店というイベントがまったく行政の資金援助も第三者の寄付もなしに続いているということだ。

 

市内の数多いイベントで、市の補助が皆無なのはおそらくバル街だけではなかろうか。

バル街の場合、約1千数百万円のチケット販売収入の一部が運営コストとして実行委員会に入り、
それだけでマップ印刷や広報費用などのすべてを賄っている。

つまり参加者がしてコストに見合う対価を「納得して」負担するという好循環が出来上がっているわけだ。
もちろん運営委員はボランティアだし、過剰な広告宣伝費用もかけないという実行委員会のコスト意識の高さも見逃せない。

 

クリスマスファンタジー、冬フェスティバル、港祭り、映画祭、野外劇などなど、市の観光部局の予算を見ればそれぞれに数百万円から1千万円の公費が投じられていることがわかる。
公費投入が一概に問題だというつもりはない。
イベントの性格上、入場料収入だけでは採算をとりにくいものもあるだろうとは思う。
しかし一方では、立ち上げの数年間ならいざしらず、10年以上も続けているイベントが慢性的に公費依存(しかも近年はそれでも赤字で存続が危ぶまれるケースもある)というのは、主催者側にも勉強不足ということがないとはいえまい。

 

各イベントの目的、意義を再度洗い直し、特に費用対効果をきちんと精査していく(要は事業仕分け)こと、そして場合によっては公費投入の縮減・廃止も辞さないというくらいのことがあってもよいように思う。

10225 026.jpg

 

10225 025.jpg

10225 024.jpgのサムネール画像

 

10225 039.jpg

10225 056.jpg

 

10225 057.jpg

 

10225 066.jpg

 

10225 068.jpg

 

10225 062.jpg

 

10225 070.jpg

 

10225 075.jpg







トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hakodate150plus.com/mtos/mt-tb.cgi/833

コメントする

カテゴリ

ハコダテ150+ コンテンツメニュー


Google

WWW を検索 150+ を検索


asset-content entry-content