製造から100年を迎えた箱館ハイカラ號

| コメント(0) | トラックバック(0)

10-IMGP5485.jpg箱館ハイカラ號こと39号は今を遡ること100年前の1910年(明治43年)12月に千葉県成田市で路面電車を運行していた成宗電気軌道が導入した車両である。ということで今年は製造100周年の記念の年である。
何故成田山の御膝元を走っていた車両が函館へやってきたのかを調べていくうちに、39号がいかに幸運かを窺い知ることが出来た。

◎成宗電気軌道ってどんな会社?

まずはハイカラ號の最初の赴任地である成宗電気軌道をちょっとだけご紹介しよう。

とはいえこの会社、開業前に作業場から火が出て隣接する民家や宗吾霊堂に引火する火災を起こしてしまい、多数の開業反対運動の中で開業したものの、利用者数はなかなか伸びなかった上に資本家の一人が事業に失敗し資産を失い、会社自体も資金難に陥り東京の投機業者に買収されたが、第一次世界大戦が勃発し鉄の価格が高騰していた時期でもあり、投機業者は路面電車を廃止してレールを鉄クズとして売却することを目論んだが、地元は猛反発。

最終的に千葉県知事が仲介に乗り出し、全線複線だった軌道を単線化した上で車両数を15両から6両への削減を行うことで決着。

会社自体は1924年(大正13年)に京成電気軌道(現在の京成電鉄)傘下となったものの、親会社の京成電鉄の本線と運行区間が重複しており、1944年(昭和19年)12月11日に不要不急線として廃止された。なお、会社自体は現在も千葉交通として千葉県内で路線バスを運行している。

◎阪急電鉄に渡った同型車
成宗電気軌道から放出された車両のうち4両は1920年(大正9年)に現在の阪急電鉄が購入した。

1両は電動貨車へ部品を譲ったものの、残る3両は「47形」として再就役したが、小型で定員が少なく、47号は150号へ改番され伊丹線から北野線へ移り1933年(昭和8年)まで運行された。その後は西宮車庫の片隅で詰所代わりにされていたが、1945年(昭和20年)8月6日未明の「阪神大空襲」で罹災し、1947年には阪急920系電車の6次車の1両である945に車籍だけを流用し解体された。なお、車籍を流用された945は阪急神戸線や阪急今津線で1970年代後半まで運用されたとのこと。
阪急920系電車に関してはこちらをご覧ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%AA%E6%80%A5920%E7%B3%BB%E9%9B%BB%E8%BB%8A

◎阪急から門司築港へ
阪急に渡ったものの使い勝手が悪かった47形のうち48・49号は1924年に門司築港へ再譲渡されたが、1936年(昭和11年)1月11日に同社の軌道線が廃止されており、恐らく同時期に廃車解体されたものと思われる。

2010年現在「成宗電気軌道」を出自とする車輛として現役を貫いているのは箱館ハイカラ號こと39号だけであることは言うまでもないだろう。

◎函館入りした5両は・・・。

1918年(大正7年)に当時の函館水電(現在の北海道電力)が車両増備のため5両購入し、10形の36号~40号として編入され函館での運行を開始したが、1926年(大正15年)1月20日の「新川車庫火災」及び1934年(昭和9年)の函館大火により、成宗電気軌道から譲渡された車両のうち4両が焼失したが39号は罹災を免れ、1936年(昭和11年)まで客車として運行され市民の足として活躍した。

◎ササラ電車への転身
39号は1937年(昭和12年)ににササラ電車「雪2号」へと改造された。この際に台車をイギリス製のものから現在使用しているブリル台車へ交換された。
改造に当たっては運転台のあったデッキ部分が取り払われ、車体側面に機器搬出用の大きな扉、客室には運転台とササラを回すモーターなどが設置され、1990年代初頭まで冬季の除雪で活躍した。

◎旅客車への復元
1992年(平成4年)函館市制70周年記念事業のひとつとして、「函館のチンチン電車を走らせよう会」の尽力により雪2号こと39号を旅客車時代の姿に復元されることとなったが、復元が実現したのは路線縮小によるササラ電車の両数削減と除雪体制が「ササラトラック」での除雪に移行したことが大きい。

10-IMGP2227.jpg

車体は当時の図面を基に札幌市の札幌交通機械で新造され、1993年(平成5年)8月より「箱館ハイカラ號」の愛称で再び旅客車に返り咲いた39号は春から秋の函館市電の顔として函館の街を走り続ける。







トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hakodate150plus.com/mtos/mt-tb.cgi/1570

コメントする

カテゴリ

ハコダテ150+ コンテンツメニュー


Google

WWW を検索 150+ を検索


asset-content entry-content