乗った、飲んだ、歌った! 夏のカラオケビール電車

01jandm20100731.JPG市電に貸し切りで乗って、街の景色を見ながら飲んだり食べたり、おまけにカラオケも楽しんじゃおうという「カラオケビール電車」。函館の夏の隠れた風物詩ともいえる、このお楽しみ電車に乗ってきました。

 

窓から流れ込む風は涼しく、街行く人と手を振り合うのもめったにない体験。あっという間の2時間をレポートします。

 

02jandm20100731.JPGのサムネール画像のサムネール画像ある夏の日、参加したのは「函館移住者交流会」。

地域交流まちづくりセンターのスタッフさんが中心になって月に一度開かれていますが、今回は去年に続いてのカラオケ電車です。

 

まずは駒場車庫に集合。すっかり準備の整った「サッポロ生ビール号」が待ち受けています。

 

 

03jandm20100731.JPG中にはビールのサーバーがド~ンと! 

なんと、「サッポロ生ビール」と「麦とホップ」各1樽(10リットル入り)がついていて、自由に飲むことができました。

 

このビール電車は、サッポロビール道南支社の協力による夏限定企画(今年は716821)。それ以外の時期も、飲み物持ち込みで同様に楽しめます。

 

 

04jandm20100731.JPGさて、18時半に駒場車庫を出発。外はまだ明るいけれど、かまわず乾杯!です。

途中で乗り込む人がいればピックアップしてくれますが、あとはノンストップ。通常運行の電車と電車の間を、ゆっくりと走っていきます。

 

 

05jandm20100731.JPG車内はムーディーな照明とレースのカーテンなどで、ちょっとレトロな社交場のムード。電車の中であることを一瞬忘れそうですが、吊り革を見るとけっこう揺れてますね。

 

 

06jandm20100731.JPGでも、テーブルはちゃんとパーティー仕様(?)になっているからご安心を。ビールが倒れることはありません。

 

この日のつまみは、持ち込みの乾きものや枝豆、煮込みなど! 交通局のほうに頼めば、飲み物やオードブルなどの手配もしてくれます。

 

 

07jandm20100731.JPGカラオケの方は、運転席の後ろにマシンがあり、リクエストナンバーを書いた紙が前の方にどんどん集まってきます。テレビモニターは前と後ろに1つずつ。

「函館の女」はもちろん、持ち込みCDの「星のまちHAKODATE」まで登場、函館ソングの新旧定番を大合唱です。

 

 

08jandm20100731.JPG歌っているときはこんな感じ。

立って歌うと、自然に吊り革に手がいきますね。

 

 

09jandm20100731.JPG電車は、駒場車庫から五稜郭公園前、函館駅前、十字街を経て函館どっく前に到着。19時も回って、そろそろあたりも暗くなってきました。

 

ここでいったんカラオケを中断して、15分ほどのトイレタイム。それぞれが車外に出て、体を伸ばしたり歩き回ったりして、帰路に備えます。

 

 

11jandm20100731.JPG1920分ごろ、どっく前を出発。

車窓に目をやると、暗くなった街に、窓を彩るブルーの電飾と、車のライトやビルの灯りなどが溶け合って、夜景の中を走っている気分満喫です。

 

 

10jandm20100731.JPG

車内も宴たけなわ。日常とはちょっと違った空間で過ごす一体感に包まれて、みんな笑顔笑顔です。

駒場車庫前に20時到着。おつかれさまでした~。

 

 

AMUSEMENT TRAM

貸切料金 1運行(2時間以内)24000円。

定員 28名(補助席利用なら35名まで)

カラオケ歌い放題(約30000曲搭載)。ほかDVDプレーヤー、冷蔵庫つき

問い合わせ 函館市交通局運輸課電車担当 電話0138-52-1273







トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hakodate150plus.com/mtos/mt-tb.cgi/1544

コメントする

カテゴリ

ハコダテ150+ コンテンツメニュー


Google

WWW を検索 150+ を検索


asset-content entry-content