昆布を使ったお手軽雑炊

| コメント(0) | トラックバック(0)

昆布は鰹節や干し椎茸と並ぶ和食のだしの定番ですが、だしだけ取って捨ててしまうのは非常に勿体ない。だしとして使った昆布にひと手間加えて佃煮にすると良いおかずになります。

さて、ここからが本題。

「乾物を戻すのが面倒」とお思いの方多いはず。そんな時は文明の利器に頼っちゃいましょう。

乾燥した昆布は水を張った耐熱容器に入れ、電子レンジで1分から2分ほど頃合いを見ながらチンするとだしもしっかりと取れる上にしっかり戻すことが出来ます。まさにズボラですが、調理時間の短縮ができますよ~。

ということで、今回は電子レンジ併用の超ズボラ飯をご紹介しましょう。

では早速調理開始。

11-0058.jpg

1)乾いたままの昆布をはさみで細めに切り、水を張った耐熱容器に干し椎茸と一緒に入れる。

※昆布が切りにくい場合は、さっと水につけると昆布が少し柔らかくなります。

【ポイント】水の量は乾物が浸る程度がベスト。入れすぎるとレンジにかけている最中に吹きこぼれる恐れがあります。

2) 1)をレンジで1~2分温める。固いようなら30秒ずつ追加すること。

3)電子レンジにかけた昆布と干し椎茸とだし汁を鍋に移し、若干水を足し、めんつゆで少し薄めに味付けをする。

11-0061.jpg

4)茶碗1杯分の米飯を鍋に入れ、よくほぐす。

11-0063.jpg

5)全体がよく混ざったら、卵を溶き入れる。

11-0064.jpg

6)完成。

時間は測りませんでしたが、およそ10分程度で完成しました。







トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hakodate150plus.com/mtos/mt-tb.cgi/2670

コメントする

カテゴリ

ハコダテ150+ コンテンツメニュー


Google

WWW を検索 150+ を検索


asset-content entry-content