青函連絡船記念館摩周丸

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

執筆 : younashi 

 

函館にいらしたら、ぜひ立ち寄ってもらいたいのがここ、青函連絡船記念館摩周丸

※追記します。2008年夏、公式サイトがオープンしました。

公式サイトはコチラです。

 

洋梨の世代から、シニア世代の方にとっては、とっても懐かしい連絡船ですが、

若い世代の方にも、ぜひ立ち寄ってもらいたいですね。

特に、お子様連れの皆さん、おおいに楽しめますよ!!

摩周丸は、子連れスポットの穴場です。

※穴場、と言ってはたいへん失礼ですが(汗)。

 

連絡船に詳しい、おじいちゃんおばあちゃんと一緒に出かけるのもグーですね!!

 

何と言っても本物の連絡船を使ってますからね、スケールが、迫力が違います。

ここ(操舵室)から函館山を眺めるのもサイコーです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本物ならではの貴重な体験を楽しんだあとは、あちこちに子供を喜ばせるものがありますので、ゆっくりと館内を見学してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

  小学生はもちろん、幼稚園児でも

  おおいに満喫できる記念館です。

  1時間程度で帰るつもりが、

  すっかり長居する羽目になります。

 

  大人もハマる輪投げコーナー。

 

 

 

 

 

ぜひコツを覚えて、おうちでもためしてみてください。

様々な結び方が学べる「ひもむすびコーナー」は、大人気。

 

 

 

 

 

 

 

 

極めると、こんな作品もできるのですね~~~!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  デッキや急な階段など、館内には危険な

  箇所があちこちにありますので、

  決してお子さんから目を離さないようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

出口では、こんなお楽しみが、、、あえて逆光にしてみました。

ここで子供はさらにコーフン!!なかなか帰れなくなります(苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青函連絡船記念館摩周丸、施設の特性上、段差及び階段が沢山あります。

誠に申し訳ありませんが、バリアフリーではございませんので、足元にくれぐれも

お気をつけてお楽しみ下さい。

ベビーカーで行かれる方は、「大人二人以上で」入館されることをおすすめします。

お母さんおひとりで、赤ちゃんを抱っこしてベビーカーを持つのは、かなり厳しいです。

 

天気が良い日は、デッキからのながめを、思う存分、お楽しみ下さい♪

 

 

 

 

 

 

 

 

2008年の花火大会、摩周丸から花火が楽しめました。

ハコダテ150の記事はコチラ

2008年6月15日、摩周丸がリニューアルしたときのハコダテ150の記事はコチラ

2008年7月開催された、夏フェスタの模様の記事はコチラ

ハコダテ150「函館写真館」の摩周丸はコチラ

摩周丸を語らせたら制作スタッフでナンバー1!!

x-103さんの記事はコチラコチラ

 

青函連絡船記念館摩周丸

※2008年夏、摩周丸の公式サイトができました!!

函館市若松町12   函館駅前から徒歩5分程度、函館朝市から徒歩1分

0138-27-2500

駐車場は、朝市、駅前周辺に有料駐車場がございます

8:30~18:00(4月~10月)

9:00~17:00(11月~3月)

大人 500円

児童 250円

20名以上で団体割引あり

函館市民には、何度でも入館できる、年間パスポートをおすすめ

年間券は、大人1000円、児童500円です。

 

館内にトイレと、喫茶コーナー「海峡」があります。

船は係留されてますが、水平ではなく、若干「ななめ」になっているので、

階段の上り下りで、ふらつくこともございます。手すりにしっかりとおつかまり下さい。

出入り口に、連絡船チョロQ、絵葉書、記念切手などの土産コーナーがございます。







トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hakodate150plus.com/mtos/mt-tb.cgi/112

コメントする