護国神社坂

| コメント(0) | トラックバック(0)
執筆 : kiichi 

坂の中間から函館山方向へ目を向けると、護国神社の赤い鳥居がくっきりと見え、逆方向を向くと、函館発展に多大な貢献をした高田屋嘉兵衛の銅像が見えます。

坂の脇には、よく手入れのされた植物が整然と並んでおり、気持ちよく散策できます。また、若干車通りも少なく思えます。

 

 

護国神社坂

 

 

函館市設置の標識の内容は次のとおりです。

 

別名「汐見坂」ともいい、昔は「招魂社の坂」とも「倒産坂」ともいった。汐見坂は坂上に汐見町ができ、その 町名からとったもの。招魂社の坂は明治2年(1869年)に建立された招魂社(現護国神社)に登る坂ということから呼ばれ、現在の名になった。倒産坂は坂 に面して門を立てると罰が当たって“かまど”がつぶれるといわれ、昔は門を坂に面しないようにした。

 

Another name for this slope is 'Shiomi Zaka. ' In days gone by this slope was cal.led 'Shokonsha no Saka' and 'Tosan Zaka. ' It was once named 'Shiomi Zaka' because the area at the upper part of this slope is called Shiomi cho. It was also once called 'Shokonsha no Saka' because at the top of this slope is a shrine Shokonsha (now called 'Gokoku Jinja, or a shrine for the war dead') which was established in 1869. 'Tosan (bankruptcy) Zaka' came from the saying that if anyone erected a gate facing this slope, he would be destined to go bankrupt because of God's punishment. Therefore, people tried to observe this tradition. CITY OF HAKODATE

護国神社坂

 






トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hakodate150plus.com/mtos/mt-tb.cgi/116

コメントする