せたな【太田山神社】

| コメント(2) | トラックバック(0)
道南5大霊場のひとつ【太田山神社】を、ご存知だろうか?
太田山神社1.jpeg
北海道久遠郡せたな町【太田山神社】
1454年、武田信広公が北海道に上陸した際に開闢。
1661年、円空上人が洞窟に籠って仏像を彫った。
航海の安全と霊神の加護として信仰されている。
御祭神は猿田彦神。
6月27日が宵宮、28日が本祭。

「神社」というより「霊場」であり【修行】をするところ。
↓以下の状況から女子供にお勧めは出来ない。

■一帯はヒグマ生息地である。
■断崖絶壁、本堂は地上から705m。
■春~秋は、マムシ・ぶよ・蚊・蜂が大歓迎してくれる。
■階段が傾斜45度(※スキーのジャンプ台ですら39度)
■赤さびた非常に頼りない橋を渡らなくてはいけない。
■鉄の鎖をつたい、崖を登らなくてはいけない。
これらサバイバル要因により【日本一危険な神社】として、勇者達あこがれの神社である。

乙部・熊石を取材し終わった私は、同僚の粋な計らいにより太田山神社を寄れることになった。
行きたかったので、いすず大喜びwwwwwwwww
この太田という地区は北海道本土の最西地であり、行き止まりである。
「この先、太田で行き止まり」という看板を見た瞬間、【僻地っぷり】に興奮した。
トンネルを抜けた太田は、海と崖の世界だった。
海>岩>道路>家>崖。
海から崖までが近すぎる!!!!
その崖に太田山神社の階段が、まるで梯子のようにへばりついているのである。

傾斜45度の階段・・・(゚д゚)

衝撃だった。
階段に雪はなく、ゴミ1つない。
日本海から吹きすさぶ、男らしい風がすべてを吹き飛ばしてくれるのだ。
ただ、石だけがそこにいる。
神社の入り口の警告文が、冷や汗ものだ。
↓クリック拡大。
太田山神社警告.jpg

このデンジャラス聖地は自己責任で参拝(登山)するのだ!!!!
いすず、本日の装備。
■動きにくい、堅いムートンのコート。
■仕事なのでスーツ。
■豚スェード皮のブーツ。
■素手。
とてもじゃないが、登山スタイルとは言えない。
ただ残念ながら利口ではないので、階段だけでも登ってみることにした。

いすず:わし行ってくる!
同僚:えええええええ!!!!(;゚ロ゚)
いすず:駄目になったら引き返すから、平気。
同僚:いやいやいやいや!
いすず:車で待ってて
同僚:危ないからああああ!!!!

危ないからいくのだろうよ!!!!!(゚д゚)

階段に垂れさがる綱を頼りに、階段のような梯子を登る。
この・・・綱が・・・ゆるくて頼りにならない。
ここで、すべてを悟った。
世の中、自分だけが頼りなんだな・・・。
一段、一段、急こう配を登って行く。
階段だけで43m。
すぐ近くが海なので、ずっと波の音が聞こえていたのだが、急に音が聞こえなくなった。
『あれ?海が遠くなった?』
馬鹿なので、振り返ってしまった。

ぎゃああああああああ!
私は大阪の空中庭園でビビる程の
高所恐怖症なのだwwwwwww


あまりの恐怖に、膝が震える。
『これ、降りれなくなったらどうしよう・・・・・』
『落ちたら骨は折れるよな・・・・』
『いや!(゚д゚)マイナス要因を考えてはいけない!!』
『登るか、降りるか、すべては行動しかないんだよ!!!!』
私はネガティブシンキングになりがちだからこそ、自分の命を危険にさらす。
考えるより行動したほうが早い事がよくわかる。
だからといって、他人にはおすすめはしない^^^

対した運動量でもないのに、喉が渇いた。
あまりの恐怖に全身の水分が凍りついたようだ。
後ろは海、右手には谷という崖。
登っているのも崖。
左手の崖の向こうに見えた海が綺麗なんだけど、風景は何一つ頼り無くて怖かった。
太田山神社2.jpeg

階段を上り切って、ここからは山道を登ることになる。
木の根を階段代わりに上る。
岩をつかみ、岩の突起に足をかけて一歩づつ。
これ、ロッククライミングって言うんだよな。
・・・岩で手が切れた。
真横から急に突風が来て、足を滑らせ膝を打った。
いやいやいやいやいや!!!!
おま!横からってなんだよ!!!!
地面に打たれた鉄の棒を必死につかむ。
鉄は冷たく、横風もどんどん体温を奪う。
コレ、おかしいだろwwwwwwwwwww
自分の状況をどう考えても【やっちまったな】という結論にしか達さない。
もうちょっと進めば何か見えるかもしれないが、スーツがもっと汚れる。
明日は今金、長万部取材だ。

・・・・帰ろうっと(*´ェ`*)

登るより降りる方が大変なわけだが。
下を見ると、高所恐怖症なので目がまわる。
慣れない山登りと恐怖で、膝が笑っている。
あたしだって笑いたいところだよ、畜生が。
一歩、また一歩、慎重に降りていく。
怖い・・・本当に怖い・・・。
でも、一歩づついけば大丈夫!!!!!
仕事も、原稿も、登山も、全部同じ。
一歩づつやっつけるだけ。
下をみちゃうと怖いから見ない。
マイナスな事を考えると、動けなくなるから考えないwwww

太田山神社は、本当は鉄の鎖の崖を上って本堂までいかないと意味がないのだと思う。
でも、今回はこれくらいで満足だ。
「実行優先・マイナス思考は無駄」
この思想に自信を持てたので、これでいいのだ(*´ェ`*)!!!

お土産は、全身の筋肉痛(゚д゚)
ケガがなくて、本当に良かった良かった。
虫がいない季節で、さらに良かった!!!

最後にもう一度言う。
参拝はおすすめしない^^^






トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hakodate150plus.com/mtos/mt-tb.cgi/419

コメント(2)

そういやー、ここはもう大成じゃないんですね...
大田権現山の麓、「大田海岸」は岩だらけですが、夏になるととってもきれいですよー

そういやー合併して、大成の久遠じゃないんですね...

大田権現山の麓・「大田海岸」は、岩もありますが夏になると透き通っていてきれいですよー

コメントする