ホテルニューハコダテ 閉館

| コメント(2) | トラックバック(0)

DSC04141.JPG

多くの観光客や函館リピーターにこよなく愛され、西部地区に欠かせない建物のひとつであった「ホテルニューハコダテ」が1月20日付けで閉館されていたことがわかりました。

昨年から客室やロビーの灯りがついていないことを気にかけていましたが、アイリッシュパブだけは時折営業していたため一時的なものかと思っておりました。ところが残念なことに、この度閉館となったようであります。

DSC04140.JPG

安田銀行として昭和7年に建築され、戦後の財閥解体により富士銀行に改名し、その後ホテルとして、古建築物再利用のシンボル的な存在だっただけに残念と言う一言で済ますには余りにも惜しいものであります。

筆者も若い頃宿泊したことがあり、館内の独特の雰囲気は一生忘れられない画像として脳裏に焼き付いています。今後この施設がどうなっていくのか、とても気になります。







トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hakodate150plus.com/mtos/mt-tb.cgi/478

コメント(2)

えっ!閉鎖ですか。それは残念です。
首都圏からだとどうしてもホテル込みのツアーで行くため、歴史的建造物を活かした宿泊施設に泊まる機会がないのです。
こういうこだわりのホテルに泊まるツアーがあってもいいのに。
私は2年ほど前にツアーのホテルを無駄にしてこちらのホテルを利用しました。朝食もついていて客室は狭いながらも趣があり、アットホームで快適なホテルでした。次はペントハウスに泊まりたいと思っていたのですが。復活することを祈っています。

コメントする