動物がいる風景の最近のブログ記事


青函連絡船が1988年に廃止されて、函館と青森を結ぶ船便が無くなったと思っていらっしゃる本州の方が意外と多いのですが、実は、ちゃんと民間会社のフェリーが運行されています。現在運行しているのは青函フェリー津軽海峡フェリーの2社。函館と青森をおよそ3時間40分で結びます。自家用車乗せることもできますが、人だけでも運んでくれます。

実は、これからの季節、津軽海峡にたくさんのイルカが訪れます。北海道大学鯨類研究会の調べによれば、4月から6月にかけてカマイルカが来遊します。発見される鯨類の87%がカマイルカですが、たまに、イシイルカ、ミンククジラなども見られます。また、昨年の11月にはシャチも発見されました。それから、鯨類ではありませんが、キタオットセイもたくさんいます。


この時期、カマイルカは、時に何百頭という群れを作って泳ぎますから、専門家でなくても見つけることができるはずです。毎週行われている、津軽海峡目視調査の速報は、北海道大学鯨類研究会のホームページに掲載されています。3月7日には、17群44頭のキタオットセイ、2群8頭のカマイルカ、1群2頭のネズミイルカが発見されたとのことです。

カマイルカなど、津軽海峡で発見される鯨類を書いたパンフレットを北大鯨類研究会が作成し、津軽海峡フェリーカウンター、北海道大学水産学部受付、函館市地域交流まちづくりセンター函館市青年センターに置いてあります。ご覧になってみて下さい。

ゆっくりと春の海を見ながら旅行してみてはいかがでしょうか。

執筆 : younashi 

昭和地区で、馬が見られるスポットがあります。

日糧パン工場ウラの通りぞい、昭和公園方面に抜ける途中にあるので、

昭和公園に子供と出かけるときは、必ずここに立ち寄っていた洋梨です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょうどお食事中で、馬がそっぽ向いている画像で、申し訳ありません(汗)。

場所は、コチラ

※最寄りの「坂内テント」さんを表示してます。 

レクサス函館から、以前のホテルオークランド方面に向かって、

国道5号線と平行に走っている道路です。

正式名称は不明ですが、通称「おばけトンネル(幽霊トンネル)」のそば、

と言えば分かる方も多いかと存じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白いフェンス、右側が、お馬さんのいる場所。

左側は、フツーの住宅街が広がっています。

食事中じゃなかったら、この、白いフェンスギリギリまで、お馬さんが

顔を近づけていることもあるので、自転車で通るのが怖いときもあったりします(苦笑)。

城岱牧場

| コメント(0) | トラックバック(0)
執筆 : M_katte 

 

函館市街地から車で約30分。函館新道を七飯本町で降りて右折。

ワインディングロードを登ったところです。

 

写真の看板には、次のように書かれています。

 

  この牧場はJR七飯駅より北東へ約10km、JR大沼公園駅より南東へ約12kmに位置し、

 大正9年に村有牧野・野草放牧地として始まったもので、現在は160haを草地造成し

 町営牧場として利用している。

  5月~10月は最低気温5度、最高気温22度、真夏でも涼しく快適な環境である。初雪が

 10月下旬、融雪が4月下旬~5月上旬で、6月~7月は海からの北東の風により濃霧が

 多発することがある。

  北に駒ケ岳、南に函館山、南西眼下には大野平野を一望できる風光明媚な牧場で、

 憩いの場としてすばらしい自然の景観や宝石をちりばめたような夜景を楽しむことができる。

 

 

 

 

この写真は、少しズームして撮影しました。実際には、もっと函館山が小さく見えます。

 

 

眼下に大野平野。高速フェリー、ナッチャンReraが港に向っているのもよく見えます。

 

 

牧場では、牛さんたちがノンビリしています。

天気が良く空気が澄んでいる時には、駒ケ岳の尖峰がきれいに見えます。

 

  城岱牧場

 

執筆 : hikari 

上湯の川、トラピスチヌの隣に「市民の森」公園があります。

遊具などは少ないですが自然がいっぱい

「水芭蕉と木の道」、「あじさい群生園」、「つつじの咲く広場」、「水のある森」趣ある名前がついていて、ワクワクしながら散歩ができます。

私が訪れた時期は「水のある森」で睡蓮が綺麗に咲いていました。かえるや鯉もいる大きな池

 

           

 

遊具も自分で遊びを考えながら使う遊具などがあり、デザインがおもしろいものもあります

 

森の中で遊ぶ!空気がおいしい!!

 

市民の森 

住所 上湯の川327-1   管理事務所 電話 0138-59-4472

駐車場 有料:1回 小型、普通車:200円    普通車(定員11人以上):1,000円
      一般/78台 障害者用/2台  大型バス/15台

     無料:ピクニックの丘 一般/5台  障害者用/5台  自由の広場横 一般/10台

 

函館競馬場

| コメント(0) | トラックバック(0)
執筆 : Timmy

本日(6月21日)から北海道シリーズが開催されました。

北海道の競馬ファンの皆さん、お待たせいたしました。

そしてこちらの広場では子ども達をノビノビと遊ばせることができるので、

ここは子連れで来れるおすすめスポットでもあります。

パパとママ、そして元気な子ども達もお待たせいたしました。

 

 

 

 

お天気も良く、お馬さんたちも

気持ちよく走れそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長い長いトンネル~。

こちらは滑りますので

走らずにゆっくり歩きましょう。

(うちの子も滑って転びました!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トンネル両サイドには

函館の観光スポットが

ステンドグラスになって

飾られていてステキです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてトンネルの向こうは子ども達がワクワクできるコーナーで盛りだくさん!!

 

 

   

フワフワくじらの中でジャンピング(身長100cm以上が対象)

ポニーで乗馬体験(勝負服着せてくれますよ。ただし整理券が必要です)

アスレチックの遊具がたくさん!!

ほかにも電動ゴーカートに乗れたりします。

競馬場の真上に飛行機が飛ぶので、乗り物好きなお子さんでも

楽しめますよ。(近くに駒場車庫もありますし、電車見れます)

 

 

これだけ遊べて入場料の100円だけ。

こちらの広場内には喉が渇いたら無料で飲める麦茶、お水、煎茶が!!!

自動販売機ももちろんありますが、お茶が無料だと喉を潤した後、

またすぐに遊べるので嬉しいですね。

トイレは和式なので洋式に慣れている子だと注意が必要です。

ベビーベットはありましたよ~。

もちろんここからでも競馬は楽しめます!!

 

 

 

こちらはダート戦レースですね。

芝レースは広場よりも

スタンド方面から見たほうが

迫力がありました!!

 

 

 

 

 

 

 

騎手は武豊と騎手界を引っ張ってきた横山典弘騎手、

先日の日本ダービーで優勝した四位洋文騎手などといった

有名どころも来ています。

レース、パドックで勇ましい姿を見たいですね。

ちなみにパドックではフラッシュの撮影は禁止となっていますので、

ルールを守って楽しみましょう!!

 

 

 

函館でのレース、第1回開催は7月13日までとなっています。

オフィスキューの安田顕さんが来たり、織田裕二のものまねで有名になった

山本高広さんも来ますよ。

6月29日は宝塚記念もあるので更に盛り上がりそうですね。

函館競馬場での主なイベント内容は

http://www.jra.go.jp/news/200806/061403.html

で確認してくださいね。

今年の開催後は来期に向けてのリニューアル工事に入るため、

入場できなくなります。

なので、行くなら今しかないですよー!!

親子で行ってみてくださいね。

 

函館競馬場

函館市駒場町12-2

開門:午前9時から(原則として。混雑状況により変化します)

執筆 : kitora 

函館市営熱帯植物園は、温泉の熱で植物を育てている植物園。

指定管理者であるNPO法人「函館エコロジークラブ」ではホタルを育てたりパインやバナナを育てて

試食会を開いたりと様々な活動をしていますが、それはまた別の機会にご紹介するとして、

この記事ではサル山をお勧めします。

サル山自体は特に珍しいものではないと思いますが、ここでは温泉に浸かるニホンザルの姿が

見られます。

温泉の浸かり方も様々で、ゆっくりくつろいでいるのもいれば人間と同じく、はしゃいで怒られている

子ザルもいたり。

あまりにも幸せそうなサルの顔に自分も温泉に入りたくなったら、敷地内の足湯にどうぞ。

 

函館市営熱帯植物園

函館市湯川町3丁目1-15

0138-57-7833

4月~10月:9:30~18:00
11月~3月 :9:30~16:30

小学生・中学生 100円
一 般       305円

1