はこだてランチョン(Le petit cochon 編)

| コメント(0) | トラックバック(0)

DSC06550.JPG

今回は、市が今年のランチョン開催の助言を受けたとされる「じゃらん」の提案書にあった「フレンチのコース料理などを1500円で食べられる限定ランチメニュー」に該当する、Le petit cochon(ル・プティ・コション)でフレンチのランチョンコースをいただいてまいりました。

西洋人がかつて感じなかった日本独特の味覚に「旨み」というものがあります。逆に、私だけかもしれませんが、とても曖昧で銀座の料理店でもその味わいを堪能できなかったものに「フランス料理」があります。きっと美食家が評価したら美味しいと言うのだろうけど、微妙な味の表現で自分の味覚の貧しさではその良さを理解できない・・・。私以外にもそんな経験がありませんか?

でも、プティ・コションはそんなことはありません。私たち日本人、その中でも北海道人にもわかり易いはっきりした味付けでフランス料理を楽しませてくれます。それも気取る必要もなく、箸も用意されているくらいの「普通の日本人向けの料理」としてお客様に提供されています。

DSC06521.JPG DSC06525.JPG

コースですので、当然前菜から始まります。(写真左) 夏野菜を煮トマトでまぶしたものに半熟の鶉の卵が載せられていたもので、ひんやりしてさっぱりした食感は食欲を増してくれます。

でも、メインディッシュに行く前に、当然スープが出てきます。(写真右) かぼちゃの冷スープですが、かぼちゃの味が強すぎず続けて間を置かずに飲むことのできる爽やかさ。そしてフランスパンとバター。パンは皆さんご存知の「こなひき小屋」さんのもの。当然おいしいわけですが、驚いたのがバター。日高産ということでしたが、コクがあってまろやかな味わいは、バターだけをそのまま食べても充分満足できます。

DSC06532.JPG DSC06530.JPG

さて、いよいよメインですが、その前に店内の様子を。写真左は一般席の様子。他に個室もあるようです。私が座った窓際の席にはご覧のような豚の可愛い置物が。自分には似合わないと思いながらも、これも取材と撮影。(笑)

DSC06536.JPG

お待たせ!メインディッシュです。フランス産の鶏にトマトとポテトと青野菜の添え物。鶏と青野菜の塩加減がちょっときついように思われましたが、冒頭でお話した、アンニュイな味よりはずっといいものです。そしてトマト。単独で食べても良し、鶏に絡めて食べても良し。とてもおいしゅうございました。

DSC06543.JPG DSC06546.JPG

最後にデザート。後味はさっぱりしたものがいい。皆さんそうですよね。写真左のアイスクリームは決して食べた後にべたつきを感じません。ケーキはもう少し大きい方がいいという貴女、全部食べてみるとこれくらいがちょうどいいときっと思えますよ。コーヒーも適度な量で、できたらもう少し、でも多かったらくどいかな、という微妙なところで抑えているのがミソですね。

Le  petit  cochon (ル・プティ・コション)   

住所:函館市梁川町12-13   電話: 0138-56-5600  駐車場:店舗前6台可

ランチタイム: 11:30~14:00  ディナータイム: 17:30~21:30  定休日:月曜日

なお、ここも本来はランチョンの注文には予約が必要とのことでした。パンフには記載されていませんでしたが・・・。








関連する記事[1件]

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hakodate150plus.com/mtos/mt-tb.cgi/1631

コメントする