2010年12月アーカイブ

年末年始のお買い物って、前もって済ませてはいても

生ものなどギリギリにならないと買えない物もがあったり、

「あれ忘れてた!」と買い足さなければならないものがあったりしますよね。

 

私も生ウニが買いたいなーと思い、大みそかの中島廉売に行ってきました。

ホントは家からすぐなのでいつも行ってるんですが。

101231naka01.jpg  

おおーっ、ウニにカニに伊勢海老・・・!活アワビもある!

 

101231naka04.jpg  101231naka05.jpg

さすがに大みそかの午後ともなるとお客さんもピークを過ぎた感じですが、

まだまだ最後の追い込み中でした。

お店によっては売るものがほとんどなくなってしまったところも。

 

101231naka02.jpg

そんな中、ラジオの中継に遭遇。

中島町商店街振興組合の二本柳理事長にインタビューしている

FMいるかの皆方さんにお会いしました。

年末年始もがんばっている人がいるおかげで我々は楽しく過ごせるわけなんですよねえ。

 

それでは皆さま、良いお年を。

DSC07032.JPG

今年も今日を含め、あと2日と迫った本日、今年中にやっておかねばならないことを済まそうと市内のあちこちを巡ってまいりました。快晴の下、市民も同じように年越しの準備に追われているようでした。

函館市内の主なスーパーマーケット等の年末年始の営業時間を一覧にしました。

ほとんどはチラシの情報を掲載していますが、一部の店舗には直接確認しています。

お買い物にご活用ください。

 

20110101super.jpg

 

 

年末も押し迫った12月29日(水)、函館音楽教育研究所による

「第26回研究演奏会」が芸術ホールにて開催されました。 

P1710782.jpg

函館や近郊で音楽指導者として活躍しておられる皆さんと

その生徒さんらが出演される毎年恒例の無料演奏会です。

今年はなんと、あの美少女ピアニストも特別出演・・・!?

函館の元旦観光

| コメント(0) | トラックバック(0)
観光都市『函館』も、元旦は多くのお店が閉まってしまいます。
観光施設も閉館してますね・・・と、そんな話をしていて尋ねられました。
「そもそも元旦に函館に来る観光客っているの?」と。

それが、いるのですよ。
私は2010年の元旦に、たくさんの観光客と一緒に食事をしたのです!
時期も重なりますので、その時のお話をさせてください。

2009年12月31日の夕方、私はたくさんの人がごった返すホテルのロビーにいました。
ホールにはシックなお正月飾りが飾られ、いきいきとした表情のお客さんで溢れてました。
そのホテルは大変評判が良く、一度は泊まりたいとずっと思っていたホテルです。
BAY金森に隣接した新しいホテル「ラビスタ 函館 ベイ」です。
2010-01-19T03 34 341.jpg



函館の景色は美しい。
美しいので、それらを絵にしていったら面白いんじゃないかと思う。
今回は、皆大好き「クリスマスファンタジー」のツリーを擬人化。
クリスマスの夜にひとりで描いたこの虚しさを、どうぞお察しください。


xmas.jpg

薪ストーブ体験

| コメント(0) | トラックバック(0)
23日の祝日、知人宅で薪ストーブの「実演」体験会が開催されました。
北海道の冬季の暖房といえば戦後すぐは薪が主流。その後石炭全盛の時代を経て、今日は灯油のストーブが大半。なんといっても維持管理が容易なのが灯油。

その一方で、昔ながらの薪ストーブが静かなブーム。なんといっても自然の炎のゆらぎに魅せられるといいます。この炎の揺れを f/の揺らぎ と称するとか。f=Fuzzy不規則・自然。このネーミングもいい。

写真は全景。鋳鉄製で表面はホーロー仕上げ。米国製で煙突部分も含め○十万円はするといいます。(左側の集合煙突部分は別)

HI3A0045.jpg


雪かきしましょ

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝起きたら大変なことになってました

s-IMG_2048.jpg

 

埋まってます。。。

 

今日1日いっぱい雪が降る予報です。

雪かきせねば!

 

晴れ間を見つけてやろうとおもいます

 

かねてより工事中だった本通中央通の工事がほぼ完了しました。
赤川通りの交差点には待望の右折レーンが完成!!
渋滞の緩和が期待されます。

12/24午前の様子。
まだ一部の作業が残っているようですが
問題なく通行できます。

IMG_9159.jpg

25日間にわたって繰り広げられる「はこだてクリスマスファンタジー」も

残すところあとわずか。

P1700578.jpg

12月23日は天皇誕生日の祝日でお休みだった人も多かったせいか

会場にも多くのお客さんが詰めかけ、歩く隙間もないほどになりました。

1  2  3