2011年1月アーカイブ

FH000022.JPG

市民の方の中には、鱒川町といっても、?と首をかしげる人もいらっしゃるでしょう。西旭岡団地のかえで通をずっと奥まで進むと、沢に下りて行く道路があります。その道路をしばらく走ると、今までの景色とは別世界の山村のような風景が待ち構えています。

mnk4.jpg

路肩に雪がどっさり積まれ雪捨て場にも困る近頃の函館ですが、元町の日和坂に雪像があるのを見つけました。

mnk2.jpg

近寄ってみるとなんと背の高さが160cmはある大きな招き猫の雪像です。

顔も綺麗に描かれており、あまりの出来の良さに感心しました。

yagaigeki P1570067.jpg

函館野外劇の会からの連絡によると、この度同会はJTB交流文化賞選考委員特別賞を受賞したとのこと。
永年にわたる地域振興への寄与が高く評価されたのだそうです。
副賞の花瓶(写真)は小樽の北一ガラスさん製で、側面に五稜郭の絵柄が施されています。

こういう話題はいいですね。

早いものでもうすぐ3月からは出演者のオーディション開催です。JTB交流文化賞のイト

JTB2.JPG
 
                             

1月23日(日)、小林豊子きもの学院による十二単の着装実演が

市内のホテルにて行われ、一般に公開されました。 

P1740144.jpg

同学院ではすでに20年以上前から時代衣装の復元に取り組んでおり、

現在はNPO法人日本時代衣装文化保存会を設立して伝統文化としての

時代衣装の保存継承に努めておられます。

この日の着装実演では平安時代の十二単の着付けが再現されました。 

11-IMGP8182.jpg

いやはや、ここのところの函館はとにかく寒いの一言に尽きます。街中の消火栓もご覧のように雪をかぶっています。

11-IMGP8170.jpg

撮影するにも両足を雪の中に突っ込むなんてことがよくあるので、冬季の市電撮影は長靴が必須です・・・。

ついでに曇天がちなのでどうも背景が地味になるのは致し方ない・・・。

初春を生の落語と講談で陽気に迎えようという企画

「初笑い!東家夢助落語会」が1月9日に青年センターにて開催されました。

同センターとしては2年目の初笑い企画。 

P1070490.jpg

降り積もった雪で足元の悪い中でしたが、90人以上ものお客さんが

詰め掛けておられました。

この日出演したのは、落語家3名と講談師1名。

1時間45分にもわたってたっぷりと生の笑いが繰り広げられていました。 

大沼じゅんさい沼でのワカサギ釣りが8日から出来る様になりました。

今年のワカサギはどんなのでしょう?

私個人は大きめのワカサギより小ぶりのほうが好きです。

カラッと揚げてサクサクのワカサギのから揚げ!食べたーい

 

05f813542e89dfb58ce96af193a43896.jpg

 

2011年1月から3月までの間、ヒブワクチン・肺炎球菌ワクチンの予防接種費用の全額助成があります。

函館市に住んでいる生後2か月~5歳未満の,平成23年1月1日以降にワクチン接種を受ける乳幼児が対象となります。

daiwa.jpg昨年の10月にダイワハウスのCMがオール函館ロケで撮影されたことは、スタッフのブログにも登場していましたが、1月1日よりTV放映され、ネットにも掲載されました。

「ここで一緒に」編ということで、深津絵里さん(妻)とリリーフランキーさん(夫)の、何でもない日常を描いたそうです。

函館ロケとはいえ、観光地としての函館ではなく、函館の日常を切り取った感じで、函館在住の方でなければ、函館だということがわからないかもしれません。

90秒版では、自由市場ラメゾンドカンパーニュ来来軒が登場し、また谷地頭温泉上青柳町電停付近函館公園裏 が登場します。

他にも、自分の知っている函館が出てこないか、じっくりとご覧下さい。

DSC07063.JPG

一昨年の吹雪の大晦日とは打って変わって、昨日の大晦日は比較的穏やかな気候の中、皆さんはどのような年越しをされましたでしょうか?

私は近所にある寺院を巡り、各寺院での除夜の鐘つきを見物、そして自ら体験してまいりました。

1