2011年5月アーカイブ

函館が好きで、函館に何度も来る旅人がいる・・・とは、聞いてましたが・・・。
東京から11回も函館に来ていて、心から函館を愛している!
そんな女性がいるのです!
ハンドルネームを「土方副長」さんといい、土方歳三の大FANです。

11回目となる函館旅行の目的は「五稜郭祭」「土方歳三コンテスト」だったそうです。

副長さんの11回目函館旅行日記はこちらから→
(1日目は中島れんばい等)
http://star.ap.teacup.com/hizikatatoshizou/585.html

五稜郭祭のパレードの写真など、とても綺麗でした。
函館が大好きな方の日記を読ませていただくと、とてもありがたく思います。

ずっとこの街にいますと、函館には歴史があり、素晴らしい景色があり、温泉があり、海の幸がある。
ついつい、このありがたさを忘れてしまいがちですが・・・
函館大好きな方の御蔭で、再確認することが出来ます。

やっぱり、函館って素敵な街ですね!

HI3A0223.jpgのサムネール画像5月28-29日の両日中央図書館で開催された「本のリサイクルフェア」は好評のうちに終了。FBなどへの書き込みによれば70冊以上も購入(1冊100円)した方、NPO法人の図書コーナーの児童向け書籍として30冊以上とか、生れてくる赤ちゃん用に(!)児童書とか、いろいろな視点でそれぞれが満足されたという雰囲気が伝わってきます。
昨年の第一回は「実験的試み」ということで、図書館の除籍図書を無料(但しひとり15冊まで)で入手出来ましたが、今回は1冊100円(新書・文庫・雑誌は無料)になったためか、人出は昨年ほどではなかったようです。一方で、むしろじっくり「選書」できてよかったという声も聞こえます。
図書館で読めるとはいっても、愛読書を手元に置きたいというのは読書家ならずとももつ自然な欲求。とはいえ本の価格は意外に高いし、函館市内では本屋も少ない、ブックオフは残念ながら良書は少ない。そういう「読書」環境が貧困化している中で、こういう試みは貴重。
今回は市内の大学図書館からも除籍本の提供があり、総数2万点が出品。毎年の除籍本の総数は知りませんが、今後は一般の愛書家からの出品なども受け付けるなどの工夫も凝らした、是非定期的に開催してほしいものです。


FBへの書き込みをいくつか紹介。

1週間前の5月21日(土)、中島廉売にて「中島三郎助杯争奪 よさこいソーラン大競演」が

開催されました。 

P1840039.jpg  

毎年箱館戦争終結の時期にあわせて廉売にて実施されている「中島三郎助まつり」の一環で、

毎年市内各チームがその年の踊りを札幌の本番前に披露する大会として知られます。 

110521is08.jpg

また、通りの両側をずらりと埋め尽くした観客の投票によって

優勝チームが決まるのという意外とシビアな大会でもあったりします。

今年出場したのは5チーム。 

hikariスタッフがここで宣伝していた、チャリティフリーマーケットに行ってきました!

46ac7007318dd263a6a93dc26a6cfa85.png
函館高校の前、松見通りを東山方向へ進み1つ目の角を左です。
高校のグランド沿いにいくとお店があります。

↓こちらの平屋建てです。
2011-05-28T20 50 33-1.jpg



昨日所用があり市民会館まで出掛けましたが、会館の入口近くにある二階への連絡通路の下で十数羽の野鳥が頻繁に飛び廻っているのに気が付きました。軒下を見上げてみると、なんと黒と白の小さな野鳥が営巣中ではありませんか。

L1050268L.jpg

どうやらツバメのようです。体長は15cm位でしょうか。

L1050267L.jpg

あまりの可愛らしい姿にしばし見入ってしまいました。


動画でもご紹介。

家に帰ってから調べてみましたら、どうやらイワツバメという種類のようで東南アジア方面から飛来してきて夏にかけて繁殖活動を行うそうです。

それにしても、人の出入りの多い市民会館入口近くに巣を作っているのには驚きました。

これから巣が完成して雛が生まれれば親鳥から餌を貰う様子がこの場所で見られるかもしれませんね。

やさしく見守ってあげたいものです。

ハンドメイドのカントリー&ナチュラル雑貨等が購入できるイベント
「THE カントリーフェスタ version 函館 4th」が
6/11(土)12時より函館市民会館で開催されます。

4度目の開催となる今年は、東日本大震災発生の3月11日から
ちょうど3ヶ月。
会場では募金活動も予定されているとのことです。

昨年に続く、不要本(重複、保管期限切れなど)のリサイクル第2弾。今回は大学連携機関のキャンパスコンソーシアムの主催で、大学図書館からの出品もあるという。

昨年は無料(ただしひとり15冊の制限)だったこともあり、入場制限が出るほどの盛況。今年は若干変更されて一冊100円(雑誌・文庫は無料)になり販売収入は図書購入費に充てるという。

大変有意義な催し。期待したい。

日時:5月28日(土)29日(日) 両日とも10:00スタート

場所:函館市中央図書館

BookRecycle.jpg

DSC07838.JPG

春が来て、桜が満開になる頃、市内の建物の解体も最盛期を迎えます。そして、次々と現れる空地。市街地が拡張し、人口が減っている中、このような空地が点在するのが、これからの函館の風景となるのでしょうか。最近西部地区で空地となった箇所の撮影をしました。

 

彩雲ですって!

| コメント(2) | トラックバック(0)

22日お昼すぎに大沼で見えた「彩雲」です。

  IMGP0223.JPGのサムネール画像

遅咲きの桜が楽しめることで有名な「石崎地主海神社」の
桜が、ポツポツと咲き始めました。

20110520N04.jpg

1  2  3