2011年6月アーカイブ

今年ももうすぐ五稜郭での「野外劇」が始まります。7月8日から 詳しくは野外劇の会のサイト

昨年はじめて開催され好評だった、野外劇に登場する函館の歴史を探訪する「てくてく」歩き、今回も開催されます。

yagaigeki10.jpgyagaigeki02.jpg

 

 「函館野外劇」は函館の歴史劇。 かつて歴史に登場したであろう市内のスポットが舞台です。
 この企画はこれらのスポットを専門の案内人と一緒に徒歩で訪ねてみようというものです。
 日頃の運動不足解消も兼ねてぜひご参加ください。
 案内人はNHKラジオ「どどんと道南」でおなじみ
 「箱館歴史散歩の会」主宰中尾仁彦さん。詳細は下記。

1.参加資格  どなたでも結構です。無料。  

2.実施日時 7月23日(土)10時~12時30分    

3.集合場所 函館市地域交流まちづくりセンター1階  10時集合       (函館市末広町4ー19 市電十字街下車2分)    

4.募集人員および申し込み方法
   (当日突然の参加でもかまいませんができれば事前のご連絡を)電話、メール、FAXいずれにても結構です。電話56ー8601 FAX 56ー8602(野外劇事務所) 

5.実施可否問合わせ(小雨決行、簡単な雨具ご用意ください) 090 7056 8954 担当 里見泰彦        

6.訪問予定スポット   

   北海道最初の造船所跡、東浜桟橋、函館税関跡、高田屋本店跡、
   新島襄海外渡航の地碑、ペリー会見所跡、弁天岬台場跡、高龍寺跡、
   アメリカ領事館跡、諸術調所跡、旧イギリス領事館、旧函館区公会堂、
   函館市写真歴史館、遺愛幼稚園、ハリストス正教会、函館聖ヨハネ教会、
   元町カトリック教会、東本願寺  

7.その他   長時間歩きますので、靴、帽子、飲み水などは必要です
                                                                    

L1060071L.jpg

函館中華会館が今年も一般公開されます。

公開期間は7月8日から8月23日までの予定となっています。

L1060069L.jpg

中華会館は1910年建築で、設計・監督、彫刻師など職人全てを中国から招き、木材も中国から運んで建てられたレンガ造りの建物。内部には三国志の英雄、関羽が祭られています。

横浜や神戸にある中華会館は戦争で失われ再建されたものですが、函館の中華会館は日本に唯一現存する貴重な「本物」で、2001年には国の登録有形文化財に指定されています。

L1060070L.jpg

尚、入館料の30%が東日本大震災復興のための義援金として寄付されるそうです。

 

函館中華会館

住所 函館市大町1―12

TEL 0138―22―1211

DSC08092.JPG

昨日、ベイエリアにあるcafe TUTUエントランスにて、1000000人のキャンドルナイトが開催されました。その場は、柔らかい光の華が咲いたような美しさや、ガラスに反射して幻想的に映る灯りが浮かび上がり、この季節にしてはあいにくの寒さをすっかり忘れさせてくれる素敵な夜でした。

その模様を色々な角度から撮影しましたので、どうぞご覧ください。(画像をクリックすると大きな画像が現れてきます)

6月25日と26日の2日間、函館市八幡町の北海道教育大学函館校にて

学校祭が開かれていました。 

観察する限り市内のどの大学の学校祭よりも一般市民や子どもたちの来場が多い教育大祭。

今年も晴天に恵まれて大学構内は大いににぎわっていました!

110626kk04.jpg

そんな平和な学校祭にて、私キトラは現役ナースから注意を受けるという羽目に

陥ったわけですが、その話をする前に元気な学生たちの写真をどうぞ。

函館の山間では、初夏になるとエゾハルゼミの鳴き声が聴こえます。
ひぐらしのような、カエルのような、よく響く声。
生まれたてなのか、鳴き方がぎこちないセミもいます。
­館山のつつじ山駐車場近く、6月21日16時ごろ。

下は、去年恵山で撮影した姿です。

IMG_0001.JPG 


2011年6月22日午前10時30分より函館どつく函館造船所第1号船台において新造船の命名式及び進水式が行われました。
この船は同造船所の主力機種であるSUPER HANDY32型(載貨重量32,000トンばら積み貨物船)で同造船所の第842番船として製造されたものです。

命名式でGLOBAL PEACEと名付けられた同船は進水式にてシャンパンが割られた後、船首に付けられたくす玉から風船や紙テープをなびかせながらあっという間に海へと滑走して行きました。
軍艦マーチが流れる中、巨大な船体が海へと滑るように進む様は何度見ても圧巻されます。
ぜひ動画にてご覧下さい。

児童館で行われている函館市子育てアドバイザー「ひろば館」の7月の予定です。

小さなお子様をお持ちの方はぜひ遊びに行ってみてくださいね!

 

時間は10時半からです

 

7月6日 児童センター 保健師さんのお話(虫さされ、あせも、水分補給など)、七夕飾りのプレゼント

7月4日 東川児童館  七夕飾りつくり

7月22日 人見児童館  腹ペコあおむしを楽しもう

7月20日 赤川児童館  保健師さんのお話(暑さ対策)

7月27日 鍛冶児童館 小学生もいっしょに!ちりーんすいか風鈴つくり

7月15日 美原児童館  プールで遊ぼう

7月1日  昭和児童館  保健師さんのお話(暑さ対策、夏のすごし方)魚釣りあそび

7月1日 山の手児童館  エプロンシアター、七夕飾りつくり

7月4日 桔梗児童館   ちょうちんつくり

7月15日、7月22日 日吉が丘児童館  花瓶つくり、風とあそぼう(凧揚げ)

7月12日 旭岡児童館 しっぽとりゲーム、保健師さんのお話

7月4日 五稜児童館  ちょうちんつくり

 

 

hme1se.jpg

写真は昨年の大会の様子。

9月25日(日)に開催される「東日本大震災復興支援 2011函館ハーフマラソン大会」の申し込みが6月15日に開始されてから僅か3日目の6月17日には申込者が定員の2000人に達したため受付終了となりました。

昨年も締切よりかなり前に受付終了となりましたがそれでも受付可能期間が1週間位はあったように記憶しています。それにしても今回の3日間でので受付終了、しかも前回よりも200人定員を増やしている事を考えると昨今の函館ハーフマラソン人気の過熱ぶりには驚かされます。

私自身、昨年エントリーしそびれていましたので今回は受付初日にインターネットで申込みを済ませました。今回も多くの方がエントリー出来ない事態になってしまっているのではないでしょうか?

現状のままでは大幅な定員増は難しいでしょうから、今後は抽選になるのかもしれませんね。

これほどの人気イベントに育った「函館ハーフマラソン」もっと多くの人が出られて街の活性化にも寄与する大イベントへ昇華していく事を期待せずにはいられません。


※再生時は音量にご注意ください。



元町のブックカフェでゆっくりお茶をしていて、目の前に見えるハリストス正教会の白壁がきれいだなーと、庭に出てみると

ちょど鐘の音が

あわててデジカメの動画機能で撮影

手ぶれや、風の音が入っていますが

教会の鐘の音をお楽しみください。


※毎日午後5時頃に鐘が鳴るわけではありません

 さて、毎日午後5時にこの付近で聞こえてくる音といえば何でしょうか

JR函館駅前、WAKOビル1階の八百屋「夢八」が
大門までなかなか買物に来られない方のために
移動販売をはじめました。

現在「日吉町」「弥生町」「柏木町」の3カ所を回っています。
※2011年7月15日訂正

毎週月曜日と木曜日は、柏木町電停目の前、
函館まるかつ水産柏木店の駐車場で元気いっぱい販売中。
「夢八 青空号」と書かれた黒いワゴン車が目印です。
見かけたらどうぞお立ち寄り下さい。


20110616N05.jpg



1  2  3

最新記事の写真