2011年9月アーカイブ


(映像は前回8月10日の進水式の様子。)
9月26日(月)は午後2時30分より「函館どつく」で第844番船の進水式が行われます。
一般開放も行われますので詳しくは下記ホームページをご覧下さい。
函館どつく株式会社 進水式情報

9月23日午後5時半頃 函館市の西部地区で霰(あられ)が降りました。このすぐ後には激しい雨と雷の鳴り響く荒れた天候となりました。
大阪出身の人気絵本作家、長谷川義史さん
全国各地の絵本好きな方々とふれあう
「長谷川義史 絵本ライブ!!」が
9/19(月)函館市民会館小ホールで開催されました。

サイン会には長い長い行列が。
会場で販売された絵本は飛ぶように売れ、お目当ての作品が購入できず
残念がる方も数多くいらっしゃいました。

私が購入したのはこの2冊。
伏し目がちな目元がチャーミングな
「串かつや よしこさん」

子どもと一緒に読みたい。長谷川さんの記念すべきデビュー作でもある
「おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん」

20110919N01_4233.jpg



長谷川さんのたたみかけるような爆笑トークに大人も子どもも夢中、、、
大盛況の楽しいイベントでした。

3連休の最終日、特に何にも予定がないなーという方は

午後のひと時を演劇鑑賞にあててみませんか?

110918khm.jpg

札幌の演劇企画集団ハムプロジェクトによる函館公演が八幡町の小春日和にて

19日14時から行われます。

ハムプロジェクトは、道具と舞台と役者を1台のワゴン車に詰め込んで

全道15ヶ所で公演を行う「北海道まちめぐり公演」の真っ最中。

24歳と19歳のメンバー5人が繰り広げる、元気一杯でフシギ一杯の世界を

役者さんの間近で体験してみてください。

ちなみに、女優さんはみんなとってもかわいいです!

 

札幌ハムプロジェクト 北海道まちめぐり公演「ジャマコ、せかいをすくう。」函館公演

9月19日(月)14:00~

会場:小春日和(函館市八幡町18-18)

チケット:2000円

あらすじ(ハムプロジェクトブログより転載)

「あたしはジャマコ、せかいをすくう!」
しゃべるラジオロボットのブリちゃんと一緒に今日もジャマコは自分の部屋から世界をすくう。
最近鬼のような角が生えてきたお姉ちゃんは
「妹は無能なふりして怠けてるんだわ」
と悪魔の博士の手術をうけさせようとする。
新しいともだちアミコが外からやってきて、色んなことを教えてくれる。
しだいにジャマコは忘れたかったことを思い出し、現実を受け止めようとする。
でもそれはブリちゃんとの別れを意味していた。
「ラジオからニュースが聞こえたら、わたしは耳をふさいで、悲しい出来事を全部、忘れようとする、わたしは、わたしの世界を救わなくちゃ。」
音響・照明・舞台と5人の役者をワゴン1台に詰め込んで、道内各地にヘンテコお芝居をお届け!
今年は1年かけて15ヶ所!札幌ハムプロジェクト☆北海道まちめぐり公演
「ジャマコ、せかいをすくう。」

2009年、我々ハコダテ150は、函館開港150周年を記念して紙芝居を制作しました。
あれから3年、作画を担当した三上が絵を書き直して、新バージョンの紙芝居を作りました。
それがこちら、「新・さのすけが見た黒船」です。
内容を公開いたします。

なお、この紙芝居は歴史を細部まで正確に再現することを意図したものではありませんが、

基本的なペリー一行の函館での行動については史実に基づき再構成しています。


sanosukegamita01.jpg

子 「ボクは サノスケ!」

子 「お父上は ハゴダデの弁天町で ハマダ屋 というカイセン・ドンヤ(廻船問屋)をしてるよ。」

子 「廻船問屋は お船で運んできた たくさんの荷物を売ったり 買ったりする お仕事だよ。」

子 「いま 箱館では 大人も子供もクロフネが来る という話ばかり してるんだ。」

子 「アメリカの船乗りは すごく乱暴ものでボクや 母上は その船が来たら、町を離れて 隠れなくちゃ いけないんだ。」

子 「でも ボク 外国の人 見てみたいけど。」

ジャーン!
    ジャーン!!
        ジャーン!!!

元気な八百屋さん「夢八」が、引っ越しました。
WAKO1Fから、大門商店街ケンタッキー隣へ。

新しいお店です!
2011-09-15T23 08 06-1.jpg

9月11日(日)、メガドン・キホーテ前庭広場にて、亀田商工会主催による

子どものお仕事体験イベント「kid'sマーケット in かめだ」が開かれました。 

110913kkk01.jpg

同イベントは、2008年まで美原地区で行われていた「ハローポテトカーニバル」の

代わりになるイベントとして翌年から始まったもので、今年で3年目。

子どもたちが露店での調理や売り子などの体験をすることで仕事の大変さと大切さを

体験してもらおうとの趣旨で開催されています。

今年はより来やすい会場になったこともあり、終日家族連れでにぎわいました。

駅前、大門地区のWAKOビル1階「八百屋 夢八」が
9/13(火)大門地区、ケンタッキー並びに移転。
「箱館 夢八商店」と店名も新たに変更となりました。
 
110913kym01.jpg
 
店主の國分晋吾さんによると、インターネットでの注文や
函館に旅行に来てたまたま夢八を知ったお客さんからの発送依頼が増え、
それに対応するためにバックヤードスペースを広く取れるこの場所に移転したとのこと。
店の2階、ケンタッキーの上の部分を丸ごと倉庫と仕分けスペースにしているそうです。
 
なお店自体は26坪から1.5坪に縮小したそうですが、新鮮野菜と、
店員さんの笑顔は相変わらず。
雨にも負けず、元気いっぱい営業中のところをオジャマしてきました。

20110913N01.jpg

珍しいライブのお知らせをいただきました。

札幌のアーティスト・Chiharu mkさんによる函館初の本格的な電子音楽公演。

ピアノの生演奏と8つのスピーカーから流れる電子音響とが立体的に会場を包み込むとのことで、

チケット販売の告知文によると「聴くというより体感する価値あり!」のライブなのだそう。

函館の有志による企画となっていますので、音の世界に興味がある方はぜひご体感を。 

110912ch.JPG

◆PANORAMIC CHAOS

日時:2011年9月24日(土) 開場18:30 開演19:00

料金:前売り3500円/当日券4,00円 (函館山山頂の往復ロープウェイ料金込み)

会場:クレモナホール (函館山山頂)

主催:ONPA(090-5227-4005 三上)

協賛:ヤマハ株式会社EKB-LM営業部、山口竜也 (サウンドシステムデザイン)・佐々木秀明 (美術)

後援:函館市・函館市教育委員会・Tan-Rog・函館山ロープウェイ(株)FMいるか

前売チケット:イープラス(該当ページ)

元町公園の隣に昨年6月オープンの旧相馬邸。開館1周年の記念イベントとして企画した「筑前琵琶」の演奏会。当初6月に予定していたが仙台在住の奏者が東日本大震災の影響で、来函がしくなり延期していたもの。

9月10日、18:00~ から開催された。

当日は仙台からの来られた30名以上のファンも含め大広間を埋め尽くす80人の聴衆を前に、「西郷隆盛」「都落ち」の2曲を演奏。竣工から100年を経た木造の豪邸に艶やかな琵琶の音色が響き渡った。

DSC02640.jpg
DSC02666.jpg

正門前。「旧相馬邸」の提灯が足元を照らす。












1  2