しめ飾りを作ってもらったよ!

| コメント(0) | トラックバック(0)

5号線沿い、若松町に店を構える宮田商店さんは、ひな人形や五月人形など

季節ごとの日本の行事にちなんだものを販売するお店。

明治28年創業の歴史あるお店で、秋からこの時期にかけてはお正月飾りの問屋さんとして

営業しています。 

111225kt45.jpg

お正月飾りの問屋さんと聞くと、しめ飾りがたくさんあるのかなーと思うかもしれませんが、

ちょっと違います。店頭に並んでいるのは・・・ 

小判やらめでたい図柄が描かれた紙やら小さい扇子やら。

s-111225kt40.jpg

そうなのです。実は宮田商店さんは、しめ飾りを作る業者さんがしめ縄に取り付ける飾りを

仕入れに来る問屋さんなのです。

 

お店の棚を開けると・・・

111225kt44.jpg

あの見慣れた鯛がこんなにつながった状態で山積みに・・・! 

 

そんな宮田商店さんでは今年、オーダーメイドでしめ飾りを作るサービスを始めました。

「幾らくらいで」とか「このくらいの大きさで」など希望を伝えておくと、それに合わせて

飾りを選んでしめ飾りに取り付けてくれるというもの。

日本にたったひとつしかないしめ飾りって、なんだか良くないですか? 

 

というわけで私キトラも注文しておりましたが、出来上がったとの連絡を受けて

受け取りに行ってきました!

111225kt46.jpg

向かって左がオリジナルで作ってもらったしめ飾り。

おかめじゃなくて恵比寿大黒が付いているところがちょっといいかも。

たまたま来ていたjam函館の廣瀬さんに持っていただきました(笑)。

右は店主の宮田一人さん。手に持っているのは自作の熊手。こちらは店頭で

展示販売しています。

 

 オーダーメイドの受付は今年初めて行ったそうですが、意外に注文が多く、

用意していたしめ縄がもうなくなってしまったとのこと。 

今年はこれからでは注文しても無理のようですが、来年「そういえばそんなお店あったなあ」と

思い出してください。

※店主の宮田一人さんの紹介記事はこちら。 







トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hakodate150plus.com/mtos/mt-tb.cgi/3392

コメントする