ハイテンション演劇で全国行脚

| コメント(0) | トラックバック(0)

東京の演劇集団「激団リジョロ」に所属するメンバー5人からなるユニット「ストライオッツ」が

函館でパフォーマンスを繰り広げています。

120429ktt05.jpg

29日には大門のはこだてグリーンプラザにてパフォーマンスを決行。 

函館では見られない、全編ハイテンションな演劇で観客の度肝を抜きました(笑)。 

 

演劇のテーマは、日本の現状や問題点について(たぶん)。 

120429ktt03.jpg

120429ktt02.jpg

とにかく力一杯に叫び力一杯に動く演劇で、演劇論に詳しくない自分としては

「演劇」というくくりに留まっているものなのかどうか判断が付かず(笑)。

 

演劇をやっている人にとっては「ああいうのありなんだ」と思えたり、一般の方にとっては

「若者たち熱いな」と思えたりで、人それぞれに何か感じるものがありそうです。

120429ktt06.jpg

こちら、全国各地で演劇を見た人が書いているという寄せ書き。

中には、「劇を見て彼氏と別れることにしました」的な書き込みも・・・!

いったい彼女の心境にどんな変化が起きたのでしょうか?

 

120429ktt01.jpg

「ストライオッツ」 のパフォーマンスは、30日と5月1日にも函館市内で実施されます。

会場は、30日ははこだてグリーンプラザ、5月1日は芸術ホールのオープンギャラリー(外)。

時間はいずれも14時と16時。

詳しくはストライオッツのウェブサイトをご覧ください。







トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hakodate150plus.com/mtos/mt-tb.cgi/3629

コメントする