6/23(土)「はこだて外国人居留地研究会」研究報告会のお知らせ

| コメント(0) | トラックバック(0)
6/23(土)15時より、末広町の函館市地域交流まちづくりセンターで、
「はこだて外国人居留地研究会」研究報告会が行われます。

事前の申込は不要です。参加ご希望の方は直接会場へ。
参加費は資料代300円です。
受付は14時30分から、先着50名様までとなってます。

函館の歴史について、深く学びたいかたにオススメの内容です。
どうぞお出かけ下さい。

画像をクリックしますと拡大します。
20120618y01.jpg



今回は、函館市中央図書館所蔵の貴重な資料や、
函館古地図カレンダーでも使用された古地図等をもとに、
蝦夷地箱館の開港を迫るアメリカ、ペリーと
ロシア、プチャーチンとの熾烈な外交戦が繰り広げられた
1854年の出来事を中心にお伝えするとのことです。

研究報告会については、
まちづくりセンター活動日記でも告知しています。コチラ

***

主催の「はこだて外国人居留地研究会」は、2007年6月、函館で設立。
幕末以降の函館の歴史についてはもちろん、
日本、北東アジアの歴史についても広く研究を続けてきており、
これまであまり知られてなかった出来事や新事実を掘り起こし、
情報発信する活動を行っています。

主な活動内容は、毎年開催される研究報告会のほか、
「はこだて外国人居留地マップ」
(ロシア、アメリカ、イギリス、中国、フランス、
 ドイツと諸外国、キリスト教編、歴史・年表編の8種)
を製作・発行しています。

マップには、当時の貴重な資料や、あまり知られていない事柄が満載です。
函館の歴史についてもっと知りたい、とお考えの方は、ぜひこちらも入手しましょう!!
マップは、まちづくりセンター等で配布しています。






トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hakodate150plus.com/mtos/mt-tb.cgi/3744

コメントする

最新記事の写真