2012年9月アーカイブ

産業道路沿い、花園大谷幼稚園そばに今年の夏オープンした
ちいさなぱんや。

私のお気に入りになりつつあります。

20120925y12.jpg


パンのトレーがかわいらしい!
ナチュラルテイストの店内には、焼きたてパンがズラリと並んでいます。

函館市万代町、大きな風車のあるケーキ屋さん
『ウィンドミル』の後ろ側に木造住宅が並ぶ小路があります。
その路を行くと、不思議なお店があると聞いて、行ってみました。

こちらの道路です。
よほどの用事がなければ通らない路ですね!
どんなお店があるのかな?
いってみますよ~!

120926is01.jpg

ブロック玩具でつくられた「函館夜景」が、
函館山山頂1階ロビー(ロープウェイ改札そば)で
2012年12月いっぱいまで展示中です(観覧は無料です)。

展示場所が、ちょっと分かりづらいかも知れません。
ロープウェイ改札から2階の売店へ行く、
カーブのある階段の、すぐそばです。
(お手洗いの近く、と言うと分かりやすいでしょうか、、、)

函館山からの景色を満喫したら、
こちらもぜひじっくりとお楽しみ下さい。
作品の撮影は自由にできますが、お手をふれることのないよう
くれぐれもご注意下さいね。

20120923y02.jpg

9/22(土)ロワジールホテル函館で
函館市制施行90周年記念事業 はこだてスイーツコンテスト
が開催されました。

函館市内及び近郊のパティシエ(10社16名)が、
北海道産の素材を使った、色とりどりのスイーツを初披露しました。

これらのスイーツは、10月26〜28日、棒ニ森屋で開催される
はこだてスイーツフェスタ2012でお披露目されます。

グランプリ受賞作品は、続きをご覧下さい。

20120922y01.jpg

「はこだてスイーツ」のレベルの高さと、
食材の宝庫、道南地方の素晴らしさを、改めて実感しました。

はこだてスイーツフェスタ2012 公式サイト



函館競輪場にて、3回にわたって「地域活性化イベント」が開催されます。

第1弾となる9月24日(月)は、本町のダンススタジオ「ダンス・パフォーミング・アーツ玄舞」による

ダンスライブが行われました。 

120924kt01.jpg

会場となったのは、2階のテレシアター。

もしかしたら今季限りでクビになるかもしれないことで話題の函館けいりんのキャラクター・

りんりんもイベントに参加しました。

北方歴史資料館の初の公式サイトが先日から始動している。創立者にして先代館長の高田屋七代目嘉七氏没後、半年休館を余儀なくされ、8月に暫定再開した同館。先代の次女菜々さんが館長に就任したが、資料館自体の存続にはまだ不安要素が大きい。

公式サイトを皆さんで拡散していただいて、ひとりでも多くの市民・観光客に函館の今日の基礎を築いた大恩人嘉兵衛の物語に触れていただきたいものだ。


takadaya0922.jpg


サイト自体もまだまだ情報不足だが今後充実を期待したい。

下の写真は青森からの修学旅行の小学生団体。

takadaya DSC05925.jpg

120922x01.jpg

今から50年ほど前に函館港で活躍していた木造のポンポン船を1枚の写真を基に復元したレトロ船「共同丸」が本日お披露目されました。

10/9(火)、サンリフレ函館にて
英国伝統のタティングレース 講演会&講習会
が開催されます。

タティングレースに関する書籍を数多く出版なさっている
聖光院有彩(しょうこういん ゆうさい)先生を
講師にお招きします。

講演会&講習会の準備をすすめていらっしゃるのは、
函館市旧イギリス領事館で、タティングレース講座を開催している
岡村眞佐子さん。

岡村さんによると、

「開港都市、函館は、イギリスの歴史や文化とゆかりが深いまちです。
 このたび、日本の第一人者、聖光院有彩先生をお招きし
 タティングレースを学ぶ、という
 素晴らしい機会を持つことができました。

 タティングレースファン同士、おしゃべりしながら
 楽しい時間を過ごしませんか。
 初心者の方でも分かりやすい内容ですので、お気軽にご参加下さい。」

とのことです。
興味をお持ちの方は、ぜひこの機会に申し込んでみて下さい。

タティングレースのイメージ画像です。
20120915y01.jpeg

次回の箱館歴史散歩の会では、函館、ひいては北海道の写真の祖「田本研造」の縁の地を巡り、市立函館博物館で開催中の「写された幕末・明治の函館展」を解説付きで観覧した後、谷杉写真館館主の谷杉アキラさんによる「田本研造の生誕地を訪ねて」と題した講演が行われます。
1