はこだてスイーツコンテスト開催

| コメント(0) | トラックバック(0)
9/22(土)ロワジールホテル函館で
函館市制施行90周年記念事業 はこだてスイーツコンテスト
が開催されました。

函館市内及び近郊のパティシエ(10社16名)が、
北海道産の素材を使った、色とりどりのスイーツを初披露しました。

これらのスイーツは、10月26〜28日、棒ニ森屋で開催される
はこだてスイーツフェスタ2012でお披露目されます。

グランプリ受賞作品は、続きをご覧下さい。

20120922y01.jpg

「はこだてスイーツ」のレベルの高さと、
食材の宝庫、道南地方の素晴らしさを、改めて実感しました。

はこだてスイーツフェスタ2012 公式サイト





会場には、約100名のスイーツ好きの方々が、一般審査員として集まっていました。
女性ばかりかと思ってましたが、男性の姿も多く、
すでにステージそばに並べてあった、新作スイーツの撮影を楽しんでいます。

「◎◎番がすごい!」と、皆さん、すでに審査員の目になっています。

20120922y04.jpg


はこだてスイーツフェスタ実行委員長 若山直さん(五島軒代表)の挨拶のあと
審査員の紹介、今回のコンテストの経緯や、応募作品の説明ののち
いよいよ試食スイーツが運ばれてきます。

一般審査員が投票できるのは、たった1つ、持ち点は1点です。

北海道産の素材を使った、未発表作品、16種のケーキが
各10人のテーブルに運ばれてきました。
テンションがあがります!!でも、これを全部試食するのは至難の業、、、




味はもちろん、見た目の美しさ、価格が適正か、など、
さまざまな視点で審査しなければなりません。
同じテーブルの一般審査員の皆さんと、少しずつ切り分けながら
味わい、悩み、、、
たったひとつのスイーツに絞るのは、本当に難しかったです!

審査に影響がでないように、との配慮だと思います。
投票前には、どちらのお店のパティシエが手がけたスイーツなのか
分からないようになっています。

投票を終えると、コンテストに応募したパティシエがステージに登場!
新作スイーツのおすすめポイントや、創作時のエピソードなどをお話して下さいました。

20120922y05.jpg


「たまふくら(日本一大きな大豆)を使用しました。
 豆の風味をできるだけこわさないようにしました」
「森町のかぼちゃは甘みがあるので、砂糖を抑えました。」
「ケーキではあまり使わない(素材)、プルーンを使ってみました。
 今後も道南産の素材をどんどん取り入れてみたいです」
など、今、味わったばかりのスイーツの解説を
実際に手がけたパティシエの方々から直接聞けたのが、とても良かったです。

中には
「トマトなんて、誰も使わないだろうと思ったら
 (他の応募作品にもトマトをつかったものが)たくさんあった(^^;)」
など、他の応募者と素材がかぶってしまったことを
後悔するパティシエの方もいらして、会場はおおいに盛り上がりました。


それでは、はこだてスイーツコンテスト審査結果です。

函館市長賞(グランプリ)は
風月堂 小川隆一さん「たまふくラム」340円(税込)

20120925y01.jpg


「自分の好きなケーキをベースに考え、すっきりした味わいに仕上げました。」
と小川さん。
たまふくらを使った応募作品がいくつかあるなかで、見事グランプリを獲得です!
ネーミングも、とっても覚えやすいですよね。


北海道新聞函館支社長賞(準グランプリ)は
シュウェットカカオ 酒谷修平さん「Jagaブラン」380円

20120925y02.jpg



厚沢部産のメークインをつかっています。
フランボワーズの酸味をプラスし、今まで食べたこともない野菜スイーツに。
まさか、じゃがいもが、スイーツの素材になるなんて、、、
見た目と、食べたときのギャップがものすごかったです!


審査員特別賞は 
函館国際ホテル 中野友之さん「厚沢部産メークインのチーズスフレ」160円

20120925y03.jpg


厚沢部産のメークインを使ったチーズスフレ。
チーズの酸味と、じゃがいものやさしい甘みが絶妙なバランスです。
300円前後に価格設定された応募作品が多いなかで、こちらはなんと160円!
10月のスイーツフェスタ会場で、まとめ買いしたくなりますね!






それでは、はこだてスイーツフェスタ・スイーツコンテスト参加作品(洋菓子部門)を
ご紹介します(敬称略)。

20120922y11.jpg

(左から)
ガトー・オ・TAMAHUKURA (ウインドミル 伊勢谷勝彦)
プンマローラ(モントロー 榊原史人)
はこだて とうきびティラミス(昭和製菓株式会社 平沼卓也)
My Fair Lady〜北斗市産プルーンのプチガトー〜
      (パティスリー ジョリクレール 山下敦之)

20120922y12.jpg

(左から)
ロマンティック ルージュ〜ピンクパンナコッタといちごのソース添え〜
             (パティスリー ジョリクレール 名倉優香理)
はこだてCarrotシフォン(株式会社五島軒 川村亮一)
はこだてたまふくらシフォン(株式会社五島軒 石塚啓二)
厚沢部産メークインのチーズスフレ(函館国際ホテル 中野友之)※審査員特別賞受賞作品

20120922y03.jpg

(奥から)
かぼちゃしふぉん(函館国際ホテル 三品有珠)
たまふくラム(函館風月堂 小川隆一)※グランプリ受賞作品
アルマ(函館風月堂 海保翼)
フレアチーズ・トマト(スウィーツギャラリー北じま 北島理嗣)

20120922y01.jpg

(左から)
Jagaブラン(シュウェットカカオ 酒谷修平)※準グランプリ受賞作品
セレーネ(シュウェットカカオ 長崎修丈)
たまふくらモンブラン(株式会社吉田食品 中村竜也)
ライ麦トマトロール(株式会社吉田食品 小泉善則)


和菓子部門は、コンテストはなく、特別出品という形でお披露目されました。
20120922y13.jpg

(奥から)
黒豆ヨウカンろうる(はこだて柳屋 日角一男)
黒糖・函館蒸しカステラ・小倉山(千秋庵総本家 金見正美、本間正剛)
秋の装い(はこだて柳屋 日角一男)



はこだてスイーツフェスタ2012 公式サイト



ちなみに、同じく大門地区で開催されていた
「はこだてグルメサーカス」では、何も食べられませんでした、、、







トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hakodate150plus.com/mtos/mt-tb.cgi/5703

コメントする

最新記事の写真