「港まちの記憶」-古地図・古写真などに見る函館港の歴史

| コメント(0) | トラックバック(0)
こういう展示会が開催されます。

minatomachi.jpg

港まちの記憶―古地図・古写真などに見る函館港の歴史

2013年5月31日(金)~6月9日(日)
10:00~18:00
函館駅2F 多目的ホール

主な出展  
・摩周丸から見る函館の歴史・エスキース
・田本が撮影した明治の函館(大パノラマ写真)
・古地図・古写真にみる函館港の変遷

幕末・明治の函館は日本の写真術発祥の地。その先駆者のひとり田本研造は函館港のパノラマ写真で知られますが、その写真館は港を一望できる函館山の麓にありました。田本が32歳のときに始まった青函航路は明治末期に国鉄の経営に移り、その後の函館の大発展を導いていきます。本展では、田本の写真を大画面で展示、函館山麓の歴史的建物のエスキースも混じえ、函館港と市街の発展の様子を豊富な古写真・古地図で再現します。

なお期間中、毎日15:00~15:30に展示作品のギャラリトークを実施します。(詳細は下記サイトで)

主催:PhotoStudio Tanisugi 写楽館
   ビットアンドインク
   語りつぐ青函連絡船の会
問合せ先: ビットアンドインク TEL0138-83-1703
URL: http://www.bitandink.com/minato/



今回の企画は、NPO法人「語りつぐ連絡船の会」、谷杉
写真館、 ビットアンドインクの共催です。「港まちの記憶」をテーマにそれぞれの得意分野を持ち寄ってのコラボ企画です。多方面の切り口で港町・函館を表現します。ご期待ください。






トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hakodate150plus.com/mtos/mt-tb.cgi/5836

コメントする

最新記事の写真