その他の最近のブログ記事

今年4月にオープンしたばかりの「赤川子育てサロン」に行ってきました。

広い遊び場ですので、少しやんちゃでも大丈夫!

走りまわることができます。

sIMGP1585.jpg

グリコとJTBがコラボレーションし「旅&ポッキーキャンペーン」を4月10日から実施します

函館もポッキーを持ってると、レクサ元町に無料乗車できますね。

 

詳しいキャンペーン告知は函館市本町6-7 函館第一生命ビルディング1FのJTBに

ポッキー型のスタンドが設置されていますので、そちらでご確認ください

 

「旅ポ」対象のポッキーは「ポッキーチョコレート」「ポッキー極細」

「ポッキーソルティ☆」「つぶつぶいちごポッキーハートフル」

「アーモンドクラッシュポッキー」「クラッシュポッキークッキークランチ」

です。私は「アーモンドクラッシュ」好きです!

 

GWに活用できそうですね。

 

グリコHP

 

函館市縄文文化交流センターの体験メニューが4月2日より、2つ増えて7種類になりました。

新しく増えたメニューは

■土笛づくり
(所要時間:約120分 材料費:500円)


■カックウの顔をつくってみよう!
(所要時間:約45分 材料費:350円)

の、2つです。道路の雪もとけドライブしやすくなりました。

お出かけしてみてはいかがでしょう!

 

 

本日、12時50分前後に船見町で火災が発生。現場は古い長屋が連なる地帯。消防車が10台前後出動した模様。近隣の住民や近くに住む親戚・知人を心配する人たちで、現場近くは煙がたちこめる中でも早く消えて欲しいと願って見ていました。

 

122014jh02.JPG

冬景色で好きな場所は人によって違うでしょう。その中でも穴場であり、ある意味最も美しいのが、農道周辺の風景でしょう。大雪の後は、暖気で路上の雪が融け、市内各所で大渋滞のイライラがつのる風景ばかり見てしまいましたが、農道の無垢な雪を見て、日中のイライラを少しでも解消してください。

 

120210jh01.JPG

函館は連日吹雪と真冬日が続いています。皆さん、雪掻きが終わってホッと一息したら、何時間かしたら、またスコップを持って外に出なければならない生活にうんざりしていますよね。雪なんかもう見たくもないと思っている方も多いでしょう。でも、ここまで降るなら、もう開き直って市内各所の吹雪写真を撮ってしまえ、と車内から撮影しました。

 

行ってきました!わかさぎ釣り!!シーズンですよー

去年、不漁だったわかさぎですが今年は型もよくけっこう釣れます。

20120105h02.jpgのサムネール画像

今回は8時から10時半までの2時間半で500グラム釣れました

(竿2本です)

20120105h03.jpg

 

場所も選ばずに釣れるようですので、わかさぎ初心者の方は釣りやすい年となりそうです

ただ、残念なことにじゅんさい沼でのから揚げサービスは今年からやっておらず

家に持ち帰るか、近くの「ドライブイン山陽」か「レストラン夢屋」で有料でから揚げに

してもらうことになりちょっと面倒かな。。。

それでも大漁は入れ食いは楽しいのでたくさん釣ちゃいますけど!

20120105h04.jpg  

 

天気の良い日でしたが、やはり寒かったです!!しっかりまかなって(着込んで)お出かけください

 

我が家では大漁だったわかさぎを、定番のから揚げ、カレー風味から揚げ、

青海苔天ぷら、南蛮着け、甘露煮にしました。

子ども達には青海苔天ぷらが好評でしたよっ。天ぷらの衣に青海苔をまぜるだけで簡単です

ぜひぜひおためしくださいね。

 

20120105h01.jpg  

 

 

 

 

 

 

 

120101jh01.JPG

皆さま、あけましておめでとうございます。本年もハコダテ150+をよろしくお願い致します。

穏やかな気候の中、大晦日の夜を迎えることができましたが、大晦日の夜といえば除夜の鐘。船見町には函館でも歴史のある寺院がいくつも隣接している、「寺町」があります。そして、寺の大部分が、一般人が自分で鐘を突くことができます。自ら鐘を突き、煩悩を消し去ろうということなのでしょうね。

 

111231jh01.jpg

 

君たちは今 大切に二人の愛を育んでいるだろう
それでいい 
君の持っている全ての愛情を 相手に捧げるがいい

やがて君たちは 結婚して
家庭を築き 子供ができるだろう

111231jh02.jpg

 

今度は今まで温めてきた 二人の愛を
全力で子供に注ぎ込むことだろう
それでいい
二人分の愛情を受けた子供は 
すくすくと育ち 君たちに夢を与えるだろう

111231jh03.jpg

 

やがて子供は大人になり
君たちの手から離れていくことだろう

そうしたら それまでの愛情を
今度は社会に向けてみてほしい

それほど大きな愛でなくてもいい
君たちが住む地域社会や日本や世界に
君たちが持っている愛の一部を分け与えてほしい

君たちは それが必要な時代に生まれてきた
日本だって世界から見るとひとつの地域社会だ
世界を考えることは 日本を考えることと同じだ

111231jh04.jpg

 

君たちが社会に愛情を注ぐことによって
君たちの子供や孫が より良い社会で生きていける
その繰り返しの中で 人は生きている

さて 老いぼれは 君たちが歩むであろう
道を少しでも整えたら その役目を終えるであろう
それまでは 君たちに手厳しいことも言うだろう


日本も世界も いろいろなことがあった



2012年が 世界中に愛の溢れる年となりますように

 

 

 

*筆者としては異例中の異例ではありますが、個人ブログと全く同じ内容を転載させていただきました。今年、私たち日本人は未曾有の大災害を経験しましたが、世界中からの温かい支援をいただきました。そのおかげで、私たちは何とか新しい年を迎えることができそうです。

今年私たちが何を学んだか、筆者なりに書いてみました。世界をもっと身近に感じさせてくれるもの・・・・、それは愛情しかありません。来年も、そんな1年でありますように。

20111223i01.jpg

ハコダテより。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 |