はこだてランチョンの最近のブログ記事

evaluation.jpgハコダテ150+では、11月13日より12月1日まで、はこだてランチョンに関するアンケートを独自に実施しました。53の回答があり、その結果の集計がまとまりましたので、その概要をお知らせします。

店の雰囲気、接客、料理の量、料理の質が、1500円の特別ランチに大変ふさわしい、またはふさわしいとした回答が62~72%と高く、総合評価でも70%が「大変満足」または「満足」と回答していました。このことより、おおむね、はこだてランチョンで満足を提供できていたと言えます。自由回答でも、飲食店の積極的な取り組みを評価するものが目に付き、飲食店の取り組みと相まって、参加者の満足をおおむね得たものと評価できます。

一方で、料理の量、料理の質については、10%を超える回答が、1500円の特別ランチに全くふさわしくないと回答し、総合評価でも「大変不満」と回答しています。自由回答でも具体的な不満が述べられており、参加店の選定やコンセプトの徹底に改善の余地があるようです。

また、13%の回答でパンフレットに書かれていない条件(要予約など)があったとしている。懸賞付きアンケート葉書をもらった人は34%にとどまり、3人に2人はもらわなかったと回答しています。また、自由回答では、従業員がはこだてランチョンを理解していなかったり、周知が足りなかったりする点を指摘するものが多数ありました。

はこだてランチョンを募集する際に、「地元の食材を使った、お得感のあるメニュー」を提供することを条件としていました。実際に、函館らしい食材が使われていたとの回答は72%と高い割合で、函館らしい食材を使っていました。お得感の指標として、同等の飲食サービスの対価を聞いたところ、平均値は1446円、1500円以上価値があるとの回答は51%となり、ほぼ、値段通りのサービスが得られていたと受け止められています。しかし、値段以上の価値があるとの回答は25%にとどまり、「お得感」という点ではやや目標に達していなかったようです。

函館の食の魅力を広く知っていただく試みであるはこだてランチョンは、冬バージョンが12月から始まっています。より函館の食の魅力を引き出すヒントが、アンケートの回答に詰まっているような気がしました。

分析結果の詳細はこちら
はこだてランチョンも残すことろ、あと半月となりました。まだ行っていない店で、はこだてランチョンを食べつつ、はこだてランチョンを語ろうということで、150+スタッフ3名で、川魚・和食 鯉之助に行ってきました。

場所は、五稜郭電停から中央病院へ向かってすぐ左側。かわ村の隣です。駐車場はかわ村の逆隣など、数件と契約しています。お店に行くとわかりやすい案内図をくれます。間口は狭めなので、店内も狭いのかと思いきや、奥行きが広く、1階は4人テーブル席が3つ、2階は座敷で4人卓が6つくらいあるようです。BGMはクラシックピアノで音量小。CDをセレクトしてかけているようです。

通常のランチメニューとしては、ランチセット1050円、天丼950円、鰻丼1150円などが用意されていますが、はこだてランチョン用に、「箱舘奉行所復元記念特別ランチ」1500円が限定10食で用意されています。

内容は、旬の野菜天ぷら(かぼちゃ、プチトマト、えびなど)、お刺身4点盛り(ホタテ、ヒラメ、ハマチ、マグロ赤身)、茶碗蒸し、うなぎ白焼、野菜煮物(ロールキャベツ風)、プチおかず3品(豆、たらこ煮、マグロ煮)、汁(玉ふくら手作り味噌使用)、御飯、手づくりデザートと盛りだくさん。内容は日によって若干変わるようです。1人で大きなお盆2つ分のスペースを取ります。そのボリュームと種類の多さにまず圧巻です。普通に食べればおそらく3000円の内容。非常にお得感があります。

中でも、国産うなぎの白焼は、分量は少ない物の、臭み、くどさなどは一切無く、専門店ならではの上質感が堪能できます。プチおかず、野菜の煮物などは、一つ一つの料理を丁寧に手づくりしていることがうかがえます。野菜はこだわりの農家から直接取り寄せているとのこと。函館の食の代表格が海鮮物だということは誰しも知っているところですが、意外に野菜の美味しさに驚かされます。

前は何度も通っているはずなのに、全く気にとめていなかったお店ですが、近いうちにまた行ってみたい店の一つになりました。観光のお客様にも自信を持っておすすめできるお店です。

川魚・和食 鯉之助
函館市本町32-11
電話 0138-51-5982
ランチタイム 11:30~14:00 水休

P1060364.JPG
間口は狭いが奥行きがある店内

P1060384.JPG
鰻の白焼は専門店ならではのこだわりの味

P1060385.JPG
野菜の仕入れにもこだわり

P1060386.JPG
刺身盛り。マグロの赤身は適度な酸味もあるネットリとした舌触り

P1060387.JPG
プチおかずも一つ一つが丁寧に作られています。


Lunch2.JPG9月1日から2010秋はこだてランチョンが開催されています。


函館市内の30店舗が9月1日~11月30日のイベント期間限定で1500円で函館にちなんだ食材を使ったランチメニューを提供して、函館の食を再認識し楽しんでいただこうというものです。お役所的に言うと「函館を訪れる観光客等を「食」を通じて「おもてなし」するため,函館ならではの旬の食材を用いたオリジナルのランチメニュー等の提供によるお得感と満足感を高めていただく「ランチイベント」の事業化を進めることを目的とした実証実験」だそうです。参加店にはアンケート葉書が用意されており、抽選ではこだてわいん(本社:七飯町)、メィクイーン(厚沢部町特産)、南茅部昆布(これは函館市)が当たります。

このイベントは函館市観光コンベンション部ブランド推進課が主催しているものです。チラシが各所で配られているようですが、ネット上での告知が少ないようですので、ここで参加店リストを掲載いたします。

観光時のランチの選択に、また函館在住者の店の開拓の助けにお使いください。

すでに、本サイトでは参加店20軒(21編)について(11月14日現在)独自に取材した記事が出ています。なお「はこぶら」も同様の取材をしています(現在24)ので読み比べるのも面白いですね。

なお、ハコダテ150+では、アンケートも実施しています。感想をお寄せください。

店名のリンクは各店のサイト(一部外部サイトでの紹介記事含む)、
【150+】は本サイトスタッフによる取材記事
【はこぶら】は市の観光サイト「はこぶら」掲載の記事、
【じゃらん】はこの企画の雑誌広報担当の「北海道じゃらん」掲載記事です。


No. 店名 住所 電話 定休 料理名
1 天然湯の川温泉 湯っ多里       【150+】【はこぶら 湯川町2-5-6 57-7816 湯っ多里なまらうまい膳
2

レストランポルックス           【150+】はこぶら

高松町511 函館空港内57-8884 炙り海鮮丼
3 cafe en                   【150+】【はこぶら 赤川町365-5 47-4333 月・第1日 地元野菜たっぷり・アンチエイジングランチ
4 キングベ-ク                  【はこぶら】【150+】【150+(2) 亀田本町7-8 45-0963 スペシャルランチ
5 レストランバスク             【150+ 松蔭町1-4 56-1570 レストランバスクのはこだてランチ
6 寿しのます屋              150+】【はこぶら 千代台16-25 56-6003 江戸前赤舎利のアワビ入り握り十貫
7 四季海鮮 旬花             150+ 五稜郭町43-9 五稜郭タワー2F 30-6336 特別函館松花堂
8 Sleek hakodate cuisine 本町22-11 53-0039 土日 はこだてがこめ飯スペシャルランチ
9

Le petit coshon               【150+】

梁川町12-13 56-5600 秋の収穫祭ランチ(要予約)
10 寿司料理 谷ふじ                 【はこぶら】                          本町4-10 53-0555 北海握り
11 川魚・和食 鯉之助             【はこぶら150+ 本町32-11 51-5982 箱舘奉行所復元記念特別ランチ
12 French Restaurant Illusion     白鳥町17-14 40-3588 イリュージョンの函館グルメランチ
13 路地 いのこ家               【150+】はこぶら 本町26-15 56-0158 ランチ豚とんコース
14 日本料理 松前             150+】【はこぶら 大手町5-10函館国際ホテル8F 23-8756 野菜づくしランチ
15

しゃぶしゃぶ喜来里                         【はこぶら】【150+

若松町14-10ロワジールホテル2F 27-8220 喜来里 旬の恵み膳
16 茶房 菊泉                  はこぶら 元町14-5 22-0306 道南の恵みスープカレーセット
17 レストラングランポルト          【150+】【じゃらん】【はこぶら 若松町2-8大門ビル7F 27-5075 不定 海と大地のプロシェット
18

ビストロボンザミ                【150+】【はこぶら】    

宝来町7-19 27-4530 道南満喫 秋限定おすすめランチ
19

Restaurant Le Vant      【150+ 】 【はこぶら】                  

末広町3-5 ヴィラ コンコルディア内 24-5300 ハコダテビストロランチ
20 ベイサイドレストランみなとの森      【150+】【はこぶら 豊川町11-5 21-1181 今金産豚ロースグリエランチ
21 どんぶり横丁市場              【はこぶら 若松町9-15 22-6034 不定 リニューアルオープン5周年記念丼
22 カフェ&キッチン 海の時計       【150+】【はこぶら 大町4-6 函館元町ホテル2F 24-1555 大沼牛じゅ~じゅ~鉄板ハンバーグ
23

五島軒本店雪河亭            【150+】【はこぶら

末広町4-5 23-1106       五島軒特製カレーランチ
24 和ダイニング井井               【はこぶら 末広町13-5 22-0016 函館和洋折衷創作ランチ
25 jolly jelly fish from CALICALI      はこぶら 宝来町9-6 23-1932 期間限定特別ランチ
26 ラッキーピエロ(全店)             【はこぶら 末広町23-18他 26-2099 函館山バーガー+ラキポテ+ウーロン茶(S)
27 函館入舟番屋                 【はこぶら 入舟町16-7 22-4673 月-金 究極の釣りイカ刺し定食
28 とり膳                
はこぶら
新川町29-15 23-0128 初秋の道南 実のり弁当
29 居酒屋ココ大門店・昭和店      【150+ 松風町4-4他 27-0006 明元素楽函館ココランチ(要予約)
30 和食処・寿司処きたまえ船          はこぶら】【150+】 大森町16-9ホテル函館ロイヤル 26-8181 北前寿司ランチ


※正確を期したつもりですが、各店のランチには数量限定の場合、事前予約が必要な場合、あるいは曜日限定の場合などがありますので、できればお出かけ前に電話またはパンフレット(記載ない場合もあります)にてご確認ください。なお、全店舗の位置情報を網羅したGoogleMapがこちらにあります。

お問い合わせ先 函館観光コンベンション部ブランド推進課 電話:0138-21-3323

関連記事:

「はこだてランチョン」という実証実験(HAKODADI Vol.2 (IZA!版))

はこだてランチョン(2) (HAKODADI)

これで本当にいいの?はこだてランチョン (I shall be released) 

はこだてランチョン(3)プロモーションには指南役が(HAKODADI)

【はこだてランチョン】利用客が伸びているそうですが・・・(150+)New ! 

・はこだてランチョンアンケート実施中(150+)

Lunch2.JPG
9月1日から実施されていたはこだてランチョンも今月末で終了します。

ハコダテ150+のスタッフは自腹で様々な店に出向いて、参加店の意気込みなどを伝えて参りましたが、お店に出向いた方々の感想は様々のようです。

函館の観光資源としての食を考える上で、はこだてランチョンに対する生の声を集めようと考え、ハコダテ150+では、はこだてランチョンに関するアンケートを実施します。ランチョンに行った店の感想等を、忌憚なくお答えください。

複数の店のランチョンを食べた場合は行った店の数だけ回答出来ます。ただし、1つの店について1人が2回以上投票することはできません。結果は個人や個別の店の評価を特定できない形で集計し、ハコダテ150+に公表いたします。お預かりしました個
chart.png
人情報は、アンケート集計業務以外には使用しません。

どうぞ忌憚ないご意見をお寄せください。

アンケートサイトは【こちら】 〆切は12月1日です。

携帯からもアクセス出来ます。右のQRコードを読み込んでください。


sen59が代理で投稿します!

はじめて投稿する20代女性です。
150プラスのスタッフに誘われて、ちょっと前になりますが
2010秋はこだてランチョンNo.19の「Restaurant Le Vent」に行ってきました!
末広町のヴィラ・コンコルディアホテル内にある素敵なレストランです。


20101014_photo5.jpg
ランチはABCの3種類ありまして、
はこだてランチョンとして提供しているものはBの「函館ビストロランチ」でした。

ビストロ...気軽にって言いますが、そんなそんな、1500円は気軽には食べれません。
おなかをしっかり「食べるぞ」モードでランチに臨みました。

メニューはこちら。

○具沢山色々サラダ

○七飯町福田農園の王様しいたけのスープ

○豚ヒレ肉のパン粉焼き 北斗産じゃがいものグラタンと

○キャラメルのムース

○コーヒーまたは紅茶

こんなにお料理をいただくことができるのです。

20101014_photo1.jpg

20101014_photo2.jpg


色鮮やかな緑黄色野菜たっぷりのサラダにはキッシュとテリーヌまで入っていて食べ応えがあります。サラダというと、もっとあっさりとしているイメージでしたが、こちらのサラダには下部にパンの細かくしたのも入ってまして、ボリュームがあります。もちろん見た目も美しい。ソースも控えめで、野菜そのものをよく味わっていただきました。

次はしいたけのスープです。見た目は泡。
口に入れると泡がはじけ、しいたけの香りがぶわーっと広がりとてもおいしい一品です。



20101014_photo3.jpg

20101014_photo4.jpg

お肉はメニューにも書いてありますが、パン粉をまぶして焼き上げた豚。サクッという食感がたまりません。添えているグラタンに北斗産のじゃがいもを使用しているとのことで、こちらも本当においしいです!本州からの観光客にとっては、北海道のおいしい野菜をおいしくいただけるので、ぜひ食べていただきたいですね。

ムースはキャラメル。丁寧に淹れた紅茶と一緒にいただきました。
久しぶりにゆったりとしたランチを過ごし私は大満足です。

ヴィラ・コンコルディアホテルの近くには、函館市地域交流まちづくりセンターや五島軒、ちょっと足を伸ばせば元町地区や坂もありますので、何かの用事の休憩として、ちょっと贅沢なランチをいただいてもいいかもしれませんね。


--
Restaurant Le Vent(レストラン ル・ヴァン)
〒040-0053 函館市末広町3-5
(ヴィラ・コンコルディアホテルの2階)
TEL 0138-83-1703 FAX 0138-83-1713
営業時間
朝食 7:00am-10:00am
ランチ 11:30am-2:00pm(Lo.2:00pm)
ディナー 5:00pm-10:00pm(Lo.9:00pm)
http://villa-concordia.com/restaurant/

じゃらんが実施したアンケートの結果を受けて函館市が今年度の実証実験として

現在実施している「はこだてランチョン」。

市内30軒のお店(どんぶり横丁市場は1軒としてカウント)で、

地元食材を使用したメニューが1,500円で味わえるというのがそもそもの触れ込み。

しかしながら市民にも観光客にもほとんど知られていないため、

ハコダテ150+では自腹取材をして勝手に応援&告知をしています。

 

今回行ってみたのは、駅前のロワジールホテル函館2階にある「しゃぶしゃぶ喜来里」。

P1660564.jpg

店名にはしゃぶしゃぶと付いていますが、ランチョンで提供されるのは和食です。

DSC06743.JPG

函館の老舗ホテルのひとつ、「ホテル函館ロイヤル」内に「和食処・寿司処 きたまえ船」にランチョンをいただきに行ってまいりました。作家・辻仁成氏が自著「函館物語」で常宿としていたとされるホテルの料理店。どんな料理を堪能できるのか、楽しみにして店内に入りました。

2010秋はこだてランチョンNo.7、
四季海鮮 旬花(しゅんか) の「特別函館松花堂」は
地元でとれた野菜や魚介類をふんだんに使った
身体に嬉しいメニューがズラリ!

箱館奉行所のお帰りに、立ち寄ってみませんか?

IMG_8184 20101011.jpg

現在函館で行われているはこだてランチョン。「1500円でフランス料理のコース料理などがあれば、函館に行きたい」とのアンケート結果をもとに、函館市が実施している実証実験です。一生懸命取り組んでいらっしゃる参加飲食店さんが多い中、観光客にも市民にも今ひとつ浸透していないようなので、勝手に盛り上げるべく、150+でははこだてランチョンを食べに行った記事をアップしています。

さて、今日、hoshinoスタッフと私 函館コンシェルジュとで出向いたのは、居酒屋ココ昭和店。5号線沿いの有名な海鮮居酒屋です。12時到着すると、駐車場はほぼ満車。観光バスまで止まっています。おそらく、2階の宴会場で団体様にもランチを出していると思われます。通常のメニューはこんなじで、ワンコインで大変お得感があります。その中で、はこだてランチョンに提供しているメニューは「明元素楽函館ココランチ」です。

まず出てきたのは寿司。活いか、サーモン、活帆立、ボタンエビ、いくらの5貫。特に活いかと活帆立は身が反り返るほど鮮度が良く、独特の甘みと歯ごたえが楽しめます。
P1060245.JPG
帆立焼きは、まだ動いている活帆立を丸ごと1枚豪快に目の前で焼きます。途中で醤油をかけるとさらに美味しいですね。
P1060248.JPG
サラダにはマグロとサーモンがちりばめられ宝石のような盛りつけ。目も楽しませます。
P1060250.JPG
蟹汁はタラバガニの体が豪快に入っていました。トロロ蕎麦も出て、これで終わりかと思いきや、
P1060258.JPG

最後に、やはり函館名物、活いかが出てきました。おそらく2人で1杯分くらい。ゲソの吸盤が吸い付きます。甘みと歯ごたえがたまりません。立派なゴロ(内臓)も付いてきますので、途中で味変わりに醤油に溶いて刺身を付けて食べても良いですね。
P1060263.JPG
ということで、寿司、焼きホタテ、サラダ、蟹汁、トロロ蕎麦、活いか刺し、全6品。これで1500円は、かなりお値打ちです。

繁忙を極めており、料理の出てくる順番が、多少おかしかったり、店内がかなり騒々しかったりしますが、これは人気店の証拠。大目に見ましょう。予約で2名以上とパンフレットに記載されていますので、11時頃に予約して出向きましたが、本当は前日までに予約して欲しいとのことでした。


hoshinoスタッフ記事もあわせてご覧下さい。コチラです。

10/4、私も「絶品ビーフシチュー」を堪能してきました!!
雨で冷えた身体がポカポカあたたまりました。
コーヒーのおかわりも嬉しい、大満足のランチでした。
寒くなるこれからの季節にピッタリです。

IMG_8171 20101004.jpg


コーヒーが先に出されたため、ちょっと飲んでますがお許しを(汗)。

はこだてわいんでじっくり煮込んだ
濃厚な味わいのビーフシチュー。
ベーカリーならではの焼きたてのパンに
新鮮野菜のサラダがつく
(2010秋はこだてランチョンパンフレットより)

キングベーク スペシャルランチセット
1日10食限定 9/1〜11/30までの期間限定 1500円(税込)

1  2  3 |

最新記事の写真